はじめに

アルケゴス・キャピタルに関連して金融機関が損失を発表

3月下旬から4月上旬にかけて、欧州や日本の金融機関が突如として多額の損失や損失可能性を発表しました。その原因は「アルケゴス・キャピタル」という投資ファンドとの取引によるものです。

アルケゴス・キャピタルとはどんな会社なのか、なぜ金融機関が大きな損失を抱えることになってしまったのか。今回は、このアルケゴス問題をわかりやすく解説します。


アルケゴス・キャピタルとは何者か

アルケゴス・キャピタルとは、大手ヘッジファンドのタイガー・マネジメントに勤めた経歴を持ち、過去にインサイダー取引の前科を持つビル・ファン氏が設立したファミリーオフィスです。

ファミリーオフィスとはその名の通りごく少数の特定顧客の資金を運用する比較的小規模な投資ファンドで、年金基金や金融機関の資金を運用するヘッジファンドと比較して登録や届出、情報開示の点で規制が緩くなっています。アルケゴスはそうした緩い規制のもとで小規模ファンドでありながら多額の資金を運用していました。

アルケゴスが投資資金を膨らませることを可能にした契約がトータルリターンスワップです。これは、金融機関に比較的高い手数料を払う代わりに、その金融機関から資金を調達し、その資金で投資を行うものです。

通常のレバレッジ取引と異なり、株式の保有名義はアルケゴスではなく金融機関となりますが、投資による利益も損失もアルケゴスに移転されます。まさに、トータルリターンスワップの名の通り、全体の利益を交換する契約なのです。

アルケゴスはこうした契約を複数の金融機関と結ぶことで、少ない資金で多額の株式運用を行っていました。一部報道によるとアルケゴスの運用資産は100億ドル前後であるものの、こうした契約により実際の運用規模は10倍の1,000億ドルを超えるまでに膨らんでいたと言われています。

<写真:AFP/アフロ>