はじめに

ハンバーグやステーキをお弁当で

ブロンコビリー(3091)

ステーキハウス「ブロンコビリー」を東海圏、首都圏、近畿圏に展開。気軽に立ち寄れるよう駐車場を完備した郊外型レストランとして幹線道路沿いを中心に出店しています。

株主優待自社株主優待券 2,000円相当
最低投資金額23万9,200円(2021/4/13時点)
権利付最終日6月28日

ブロンコビリーで利用できる2,000円相当の優待券がもらえます。お弁当のほかにオードブルのテイクアウトもありますので、優待券を使って家族でパーティーなんていかがでしょうか。お店のお料理が家で食べられるのは嬉しいですね。

餃子やお弁当をテイクアウト

NATTY SWANKY(7674)
餃子が主力メニューの居酒屋「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」を運営。餃子は流行り廃りがなく、年間を通して消費される商品と位置づけており、餃子に特化した商品開発を行っています。

株主優待自社が運営する「肉汁餃子のダンダダン」のお食事券10,000円相当(1,000円相当×10枚)
最低投資金額35万6,000円(2021/4/13時点)
権利付最終日6月28日

餃子を売りにしている「ダンダダン酒場」のお食事券が10,000円相当もらえます。昨年5月に株主優待制度が拡充となり、3,000円相当から大きく変更になっています。テイクアウトメニューは餃子に加え、お弁当もありますのでランチにもピッタリですね。

6月の株主優待銘柄は約120銘柄あります。銘柄数が多い月は優待カテゴリで絞込みをするともっと選びやすいかもしれません。今回のように飲食店の優待であれば検索条件を「食事券」にすると16件まで絞れますよ。せっかくもらえる優待ですので、コロナ禍でも使いやすいかを考えて投資する銘柄を選ぶと良いでしょう。

上記は6月の優待銘柄の中で、業種が「小売業」である銘柄のうち、2020年5月28日から2020年6月の権利付最終日にかけて松井証券店内での現物買越人数が多い上位15銘柄からピックアップした5銘柄です(継続保有が条件の銘柄を除く)。
※優待内容は株主優待取得に必要な最低購入株数、および保有期間の場合のものです。
※株主優待の内容は変更される場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等をご確認ください。
※本特集は個別の銘柄の売買を推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。

この記事は参考になりましたか?