はじめに

「可処分所得=使えるお金」を多くするには

さて、ここで考えたいのが、可処分所得を多くする方法です。可処分所得が増えなければ、暮らしの豊かさは実感しにくくなってしまいます。方法は大きく分けて2つ。ひとつは、収入金額を増やすこと。

そしてもうひとつは、非消費支出の税金、社会保険料を少なくすることです。

副業、不動産収入など、サブの収入増やす

収入のメインである給与収入の額面金額がアップしても、その分税金や社会保険料もアップすれば、実際に使えるお金はさほど増えなくなってしまいます。しかし、給与とは別の副業収入や、不動産収入の場合は社会保険料がかかりません。収入アップのためには効率の良い方法と言えるでしょう。

ただし、副業の収益が1年間で20万円を超えた場合には、確定申告をして税金を納めなければなりません。収益とは、収入から必要経費を差し引いた金額のこと。副業の収支管理はしっかりと行い、申告漏れのないようにしましょう。

うっかり申告忘れをしてしまいあとから納税することになった場合には、ペナルティとして延滞税がかかります。

夫婦2人でバランスよく稼ぐ

また、同じ世帯年収800万円でも、1人が800万円稼ぐより、夫婦2人で400万円ずつ稼ぐほうが、手取り額を増やすことができます。

主な理由は、税率にあります。日本の所得税は累進課税制度といって、所得が増えれば税率が上がる仕組みになっているので、高収入だと、税金で差し引かれる割合が増えるのです。

配偶者の収入を103万円未満に抑えるなど、扶養の範囲内で働く方法もありますが、配偶者もスキルアップ、キャリアアップして給料もアップさせたほうが、長い目で見た時にはトクになるのではないでしょうか。