はじめに

4月中旬、ベトナム株式市場に、同国最大の複合企業ビングループの子会社で国産車の生産を手掛けるビンファストが、米国での上場を検討しているとのニュースが飛び込んできました。

これを受け、ビングループの株価は一時前月末比22%上昇するなど(終値ベース)、大きく動きました。


上場時の予想時価総額がホンダや米フォードを超える?

米ブルームバーグなどによると、ビンファストは4~6月にもニューヨーク証券取引所に上場し、20~30億米ドルを調達する計画です。実現すれば、ベトナム企業による海外での初めての上場になるほか、ベトナム企業が株式市場で実施する過去最大の資金調達となります。

一部では上場時の時価総額は500~600億米ドルに達するとの強気の見方もあり、ビングループの株価を押し上げました。ちなみに、時価総額が500億米ドル前後の自動車メーカーには、日本のホンダ(約550億米ドル)や米フォード(約490億米ドル)、韓国の現代自動車(約430億米ドル)などがあり、その規模の大きさも衝撃を与えました。

ビンファストとはどんな自動車メーカーなのか

ビンファストは2019年6月にベトナム北部の港湾都市ハイフォンに自動車工場を稼働した新興自動車メーカーです。同年、ベトナム初となる国産車の小型車「ファディル」を発売しました。

現在は、「ファディル」に加えて、セダン「LUX A2.0」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「LUX SA2.0」の3モデルを展開しており、年産能力は約25万台に上ります。2020年は国内で約3万台を販売し、ブランド別では5位となりました。

さらに今年1月、同社は初の電気自動車(EV)の発売を公表しました。新たに投入される「VF」シリーズの3モデルはいずれもSUVタイプで、早ければ11月にも国内で納車を始める見通しです。

このうち3月に予約受付が開始されたモデルでは、車両本体価格が約320万円と、ベトナムの所得水準を考えるとさほど安くないにもかかわらず、受付開始後12時間で予約台数が3,692台に達しました。これは業界の販売記録を塗り替えるもので、好調な売れ行きとなっています。

ベトナムの新車市場は年間約30万台と小さいため、日系メーカーをはじめとする主要メーカーがEVの投入を見送る中、同社は先行して市場開拓に乗り出しました。2022年にはこのEVを米国、カナダ、欧州にも輸出していく方針で、現在米国への工場建設も検討しているもようです。

今年1月には向こう5年でのEBITDA(金利払い、各種税、減価償却費などを差し引く前の利益)の黒字化を目標に掲げるなど、同社は速いペースで事業拡大を続けています。

<写真:AFP/アフロ>