はじめに

サイバーエージェント(4751)は4月28日に1~3月期の決算を発表し、前年同期比で売上高が+26.6%、営業利益が2.1倍と非常に好調な業績が示されました。

<文:ファンドマネージャー 山崎慧>


インパクト大のゲーム事業営業利益

セグメント別ではメディア事業、広告事業も好調だったものの、けん引役は営業利益が122.3%増となったゲーム事業でした。

そのゲーム事業で大ヒットとなっているのがスマートフォンゲームである「ウマ娘 プリティーダービー(以下、「ウマ娘」)」です。同作は2021年2月24日の配信開始からわずか5日で100万ダウンロードを突破、4月27日には600万ダウンロードを達成しています。

競馬ファンも唸らせる仕上がり

「ウマ娘」は実在の競走馬の名前を冠した美少女キャラクターを育成し、プレイヤーであるトレーナーとの絆を深めながらレースでの勝利を目指すゲームです。

同作の構想自体は2016年から始まり、同年には2004年に高知競馬で100連敗して社会現象にもなったハルウララをモチーフにした最初のコミックが発行されたものの、その後は2018年にテレビアニメ1期目を放送するにとどまり、同年には予定されていたゲームリリースを延期しています。「実在の競走馬を美少女に擬人化する」という過程で、馬主との交渉や権利関係の整理など、非常に難しい折衝を強いられたと想像されます。

そうした困難を乗り越え、2021年にはトウカイテイオーの物語をモチーフとしたアニメ2期目を放送するとともに、待望のゲームリリースにこぎつけました。筆者も実際に同ゲームを長時間プレイし、アニメも全話鑑賞しています(特に2期目のエピソード7以降は毎話涙無くして見られませんでした)。

ゲームとして完成度が高い他にも、名門令嬢のメジロマックイーン、自由奔放で問題児なゴールドシップ、高いプライドを持ちながら偉大な母からプレッシャーを受けるキングヘイローなど、実際の競争馬の特徴や出自、性格を踏まえたキャラクター設定がされている点も大きな魅力と言えるでしょう。

「ウマ娘」プレイイメージ(c)Cygames「ウマ娘」プレイイメージ(提供:Cygames)

また、レースの着順はもちろん、当時の実況の文言、さらには1992年天皇賞(春)における「地の果てまで走りそう」、「あっちが地の果てならこっちは天まで昇りますよ」という岡部幸雄騎手と武豊騎手のやり取りすらキャラクターのセリフで再現されています。

「実際の競走馬の物語をモチーフとし、事実に基づいた表現を心がけたフィクション」と謳われている言葉通り、新規層だけでなく既存の競馬ファンも唸らせる仕上がりとなっています。