はじめに

手取り20万円と聞いて、どのような生活を思い浮かべますか。ひとり暮らしか、実家暮らしか。未婚か既婚か。子供の有無によっても、暮らし向きはだいぶ異なります。

株式会社ビズヒッツが、手取り20万円の男女500名を対象に「手取り20万円できついと思うことに関する意識調査」を実施。調査結果をひも解くと、手取り20万円で生活している人たちの暮らしぶりが浮き彫りとなりました。


手取り20万円、どんな時にお金が足りないと感じる?

手取りとは、月収から所得税や社会保険料が差し引かれたあとに手元に残る金額のこと。手取り20万円の場合、額面は大体24〜25万円ほどです。額面だけ見ると、大卒の初任給22万6,000円(厚生労働省「令和2年 賃金構造基本統計調査」より)に比べて若干多い金額になります。とはいえ、実際に生活するとなると手取り月20万ではお金が足りないと感じる場面が多いようです。生活がきついと感じるのは一体どんな時なのでしょうか。

1位「欲しいものを買えない(117人)」

・洋服や美容が好きでお金をかけたいが、かけられない。自由費がほとんどなく、家賃や生活費に消えていきます(20代女性)
・趣味にお金をかけたいときに我慢しなければならないこと(50代女性)
・家族を養うことと住宅ローンでプラスマイナス0なので、必要最低限のものを買うこともままならない

2位「貯金ができない(99人)」

・一人暮らしをしようとするとかなりカツカツで貯金ができない(20代女性)
・これ以上節約できないほど生活レベルを下げているのにお金が貯まらない(30代男性)
・口座残高を見て、お金が貯まっていない現実を突きつけられるときがつらい

3位「イレギュラーな出費への対応(76人)」

・友人の結婚式が重なるなど、あまり頻度は高くないけど高額な出費が続くとしんどい(20代女性)
・家賃・光熱費・駐車場代を払いつつ、住民税・自動車税などの税金を払わなければならないときは最高にキツイです(30代男性)
・貯金できないことが多いので、予想外の出費があったら困る(40代女性)

続いて、ランチ1,000円以上を躊躇したり、5,000円以上の買い物で悩んでしまうなど「常に予算を気にする(43人)」が4位にランクイン。次に、家族で帰省する余裕がないので夫だけ帰省するなど「旅行ができない(37人)」、後輩にご飯をおごれない、デリバリーを頼めないなど「外食できない(34人)」といった回答が続きました。

生活に困窮しているわけではないけれど、贅沢はできず、自転車操業の家計でなんとかやりくりしている様子がうかがえる結果となりました。