はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、夫婦ともに自営業の41歳の女性。月により収入に波があるためやりくりが難しく、赤字が出ることも。家計改善のポイントは? FPの横山光昭氏がお答えします。

夫婦それぞれで自営業をしています。夫の方は自営業の収入がそう多くないため、アルバイトをして収入を維持することを助けてくれており、毎月の手取り収入は夫婦で45万円ほどが平均です。ただ、月により波があるため、安定せず困っています。家計は時々赤字になってしまい、貯金から補てんをする月もあります。

子どもはまだ小学生ですし、私たちの老後のこともありますから、お金を貯められるやりくりを身に着けたいです。銀行でつみたてNISAはしています。

また、それとは別に転居を考えています。今より5,000円高い家賃の物件に住みたいと思っているのですが、家賃は半分を経費にしているので、家計にはあまり影響がないと思っているのですが、大丈夫でしょうか。

アドバイスをお願いできたらと思います。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、41歳、自営業
・夫:42歳、自営業、アルバイト
・子ども:長女(小2)、次女(保育園年少)
・毎月の手取り収入:
 相談者/約20万5,000円
 夫/自営業分約16万5,000円、アルバイト約8万円
・毎月の支出の目安:51万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃+駐車場):17万4,000 円(半分は経費として計上)
・食費(外食含):9万1,000 円
・水道光熱費:2万3,000 円
・通信費:0 円(経費扱い)
・生命保険料:4,000 円(夫の医療保険のみ)
・日用品代:1万円
・医療費:2,000 円
・教育費(学校、保育園関連):1万5,000 円
・交通費:1万2,000 円
・自動車関連費:1万5,000 円(ガソリン・ETC)
・被服費:5,000 円
・交際費:6,000 円
・娯楽費:2万円
・その他:2万4,000 円
・国年・国保:8万9,000 円
・つみたてNISA:2万円

【資産状況】
・貯金:約600万円
・投資:約30万円

横山:ご夫婦で自営業をされているのですね。自営業の場合は、公的保険による保障が会社員より薄いので、それを念頭に置いた備えをしていける家計づくりが大切です。また、自営業の場合、経費と生活費が混ざってしまい、わかりにくい家計となるケースが多いと感じます。そこに注意をして、家計の改善やお金の貯め方など考えてみましょう。