はじめに

どう使い分ける?

ポイントを中心とした経済圏は、楽天経済圏が現状では圧倒的な力を見せています。また楽天市場でポイントが使え、楽天ふるさと納税でもポイントが使え、楽天Mobileの使用料にもポイントが使えるなど「楽天」というブランド内で共通して利用できるのが特徴です。

一方、PayPay経済圏はPayPayステップによりポイントが付与されるお店がPayPay加盟店や、PayPayモール、Yahoo!ショッピングなど多様な為、どこでどれだけ貯まり、利用できるのかが不明瞭ではあります。しかし、PayPay加盟店は300万箇所以上の店舗で使えるので電子マネー系の利用先としては対応店舗も多い上に、かなり使い勝手がよいのが特徴です。また、ネット上でも日曜日や5のつく日にポイントアップのセールスが行われるので、頻繁にポイントアップの恩恵を受けることができるでしょう。

両経済圏とも一長一短有るので、良い所をしっかり利用しきるのがお薦めです。それぞれの特徴や強みを理解してポイント付与の恩恵に預かって頂ければと思います。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。