はじめに

人と人との直接的なコミュニケーションが制限されている状況が続く中、公私問わず新たなICTサービスの活用が広がっています。コロナ禍で利便性が改めて評価され、家庭でもクラウドを利用する人が増えていきそうです。


コロナがICT普及を促進

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックは、企業の活動や人々の生活を大きく変えました。そして、この変化に対応するため、多種多様なテクノロジーを使ってコミュニケーション不足を解消したり、移動制限の問題に対処したりしています。こうした動きは、特に企業において顕著でした。

これに対し、クラウドストレージサービスを提供しているDropbox Japanは、一般の消費者を含めて「コロナ禍におけるテクノロジー利用動向調査」を実施しました。厄介者の新型コロナウイルスですが、ICTの普及には一役買ったようです。

コミュニケーションへの不満に世代差

パンデミック以降に対人コミュニケーションで不便を感じたことがあるかどうか質問したところ、全体では18.4%が「ある」、33.1%が「ときどきある」と答え、過半数がコミュニケーションに不自由さを感じていました。

年代別と男女別でみると、不自由の感じ方には差があるようです。「ある」と「ときどきある」の合計が50.0%を超えていたのは以下のカテゴリーで、女性の多さが目立ちます。職業別では、多くの学生(68.4%)が不便を感じていました。

・男性20代以下:54.1%
・女性20代以下:67.1%
・女性30代:57.7%
・女性50代:50.6%
・女性60代:57.5%


出典:Dropbox Japan / 「コロナ禍におけるテクノロジー利用動向調査」の結果を発表

具体的に不便さを感じている項目は、外食や飲み会の減少、友人や知人、家族、親戚と会う機会の減少、人と知り合う機会の減少などが多く挙げられています。

ただし、こちらの集計結果も年代別と性別で傾向が異なっていて、女性は個人的なコミュニケーションが難しくなったと答える人が多いのに対し、男性は職場や取引先の人と会う機会が少なくなったという項目を選ぶ人が多くなりました。

出典:Dropbox Japan / 「コロナ禍におけるテクノロジー利用動向調査」の結果を発表

コミュニケーション不足の対策は?

こうしたコミュニケーション不足を感じた人は、どのような対策をとったのでしょうか。「プライベートで行った対策」と「仕事で行った対策」に分けて尋ねたところ、主な対策は以下のような結果となり、プライベートと仕事で異なる傾向になりました。また、「特にない」という回答は、プライベートで24.6%と高く、仕事では47.5%もあって最多項目です。

●プライベートで行った対策

コミュニケーションツール(LINEやSlackなど、各種メッセージングサービス):42.1%
電話:32.6%
メール:25.9%
ビデオ通話システム(ZoomやSkypeなど):18.4%
オンライン飲み会や食事会:13.6%

●仕事で行った対策

メール:27.1%
ビデオ通話システム:25.4%
コミュニケーションツール:21.8%
電話:18.8%


出典:Dropbox Japan / 「コロナ禍におけるテクノロジー利用動向調査」の結果を発表

こちらも年代別、男女別で調べると、男性はコミュニケーションツール、メール、電話、ビデオ通話システムが全体に比べ多い状況です。

一方の女性は、仕事だと「特にない」という回答が多くみられます。プライベートだと、比較的若い世代はコミュニケーションツール、SNS、ビデオ通話システム、オンライン飲み会や食事会などの対策を活用していて、60代はメールと電話に集中していました。

学生はコミュニケーションツールとビデオ通話システムのほか、SNSを活用した人が多く、ほかのカテゴリとの違いが顕著に表れました。


出典:Dropbox Japan / 「コロナ禍におけるテクノロジー利用動向調査」の結果を発表


出典:Dropbox Japan / 「コロナ禍におけるテクノロジー利用動向調査」の結果を発表