はじめに

がんに備えるもっとも効果的な方法は「がん検診」

紹介したスクリーニング検査は、がんの可能性を判定する検査です。精度は100%ではありませんが、目安になります。もし可能性が高い場合は、精密検査をすることになります。

PET検査とか人間ドックというのは、費用がかかりますが、がんのリスク判定のスクリーニング検査ですと費用もそれほど大きな負担にならずにできます。1年に1回ぐらいはがん検診を試してみてはいかがでしょうか。

最初に言った通り、がんに備える方法で有効なのは、早期発見です。なにより命の問題でもあります。早期発見のための「がん検診」、なってしまったときの「がん保険」。この二つでしっかりと備えておきたいものです。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。