はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30代のご夫婦。60歳までにセミリタイアをして、国内外でロングステイを楽しみながら暮らしたいという相談者。現在の家計状況で実現可能でしょうか? マネープランの立て方は? FPの飯田道子氏がお答えします。


30代の共働き夫婦です。子どもはいません。

60歳までにセミリタイアをして、数か月単位で場所を変えながら国内外で暮らしたいと考えていますが、今の家計状況で、どうすれば実現できるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、38歳、公務員
・夫:38歳、製造業(大企業の部類)、月収33万円、ボーナス100万円
・介護予定なし
・住居の形態:持ち家(戸建て・中部地方)
・毎月の世帯の手取り金額:52万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:340万円
・毎月の世帯の支出の目安:30万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:6万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:5万円
・通信費:6,000円
・車両費:5,000円
・お小遣い:5万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・iDeCo、つみたてNISA満額投資済
・ボーナスからの年間貯蓄額:140万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,300万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:住宅ローン残債2,000万円(35年ローン7年目。金利0.6%)
・退職金:夫/おそらくあり(金額不明)、妻/あり(900万)

飯田:今回の相談者様は38歳の公務員で、同い年の夫とともに60歳までにセミリタイアをして、数カ月単位で場所を変えながら、国内外で暮らしたいという希望をお持ちです。現状、夫婦2人のみの暮らしであり、住いは持ち家であるものの、住宅ローンの残債が2,000万円残っています。相談者様の場合、どのような点に気を付けて準備をするべきか、また、そもそも実現できるのかについて考えていきます。