はじめに

2021年の株式市場も、残すところあと10営業日ほどとなりました。2020年は、コロナショックの暴落を経て、新型コロナワクチン開発進展を受けた急上昇で幕を閉じた波乱の1年でした。それを受けた2021年は、バブル期以来の日経平均株価3万円台突破が期待されて始まりましたが、期待通り3万円台を回復した歴史的な1年となりました。

しかし国内の新型コロナ流行による経済回復の遅れや政治情勢などが重なり3万円台の定着とはなかなかならず、日経平均が大きく上下に振れる場面もありました。投資家にとっては銘柄選びがカギを握る1年であったとも言えるでしょう。

個人投資家はこの1年、どのような銘柄に注目していたのでしょうか。今回はスマートプラスのコミュニティ型株取引アプリ「STREAM」内の掲示板での銘柄別コメント数のランキングから、2021年の個人投資家の関心を紐解いていこうと思います。

※紹介するコメントは原文のまま表記しています。


株主優待、米国株式に関するコメントが上位にランクイン

まずは6~15位までを見ていきましょう。時価総額30兆円を突破した、日本最大の時価総額を誇るトヨタ自動車をはじめ、市場でも関心が高かった銘柄が上位に入っています。また昨年に引き続き、オリックスやすかいらーくホールディングスなど、株主優待で有名な企業も安定して多数の投稿を集めていました。

掲示板では、具体的な優待の内容などもやり取りされており、このような情報交換の中で投資興味が醸成されていることがうかがえます。

【オリックスについて】
オリックスの優待が初めて届きました。

皆さんが話題にしていた オオサンショウウオはコレかぁ〜(^^)
マゼランペンギンも可愛いらしいじゃない〜(^^)と、カタログを目にしたら嬉しくなっちゃいました!

これから仕事なので、帰ったら家族と何にしようか相談します。

パラっと見ただけですが、美味しそうなのが沢山ありますね!╰(*´︶`*)╯♡

先輩方のオススメは何ですか?
コレ 美味しかったよ〜のお話、聞かせてください
(ゆーさん、83いいね)

加えて、STREAMでは今年から米国株の取引も開始されたことにより、テスラ、マルケタ、ファイザーの3銘柄も上位にランクインしました。テスラ、ファイザーはコロナ相場において相場を牽引した銘柄でありますが、今年新規上場したマルケタが他の有名銘柄を差し置いて上位に入っているのは少し意外でもあります。取り扱い銘柄も多くない中でも、こういった銘柄にフォーカスが当たるのがコミュニティの特徴ともいえるのではないでしょうか。

またマルケタに関する投稿の中には、企業分析を簡潔にまとめているものもあり、個人投資家のレベルの高さがうかがえます。

【マルケタについて】
12日で、ロックアップが、修了したんですね‼️
今マルケタ研究しています。
商売をしている全ての企業のための、ガード発行プラットホームを提供するフィンテック企業。
銀行ではない一般のエンドユーザー会社が、独自クレジットカードを発行できるようにした世界初の会社です。
visa が銀行向けにカード発行機能を提供してきたビジネスに対して、マルケタは、カード発行して顧客ヲ取り込みたい会社すべてが、ターゲット。
ウーバーや、ドアダッシュの活用方法は、革命的で、他の決済サービスを提供する会社からも、認められている点がビジネスとしての強み。
10ドル台でためしがいしてみたいですね‼️
要チェックですね
(ゆーこ[専業投資家]さん、90いいね)
[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を