はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、27歳、会社員の独身男性。節約が苦ではなく、毎月13万程度の支出で暮らす相談者。最低限の生活でいいので、45歳くらいで退職してアルバイトなどで暮らしたいと言いますが、どのくらいお金が必要でしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


現在27歳、独身、結婚の予定なし。老後に備えて貯蓄・投資をしているが、最終的にどの程度お金が必要なのかわからない。

仕事がきついため、可能であれば45歳程度で現職を退職し、アルバイト等でまかないたい。節約等は苦ではないため、最低限の生活で可。

・相談者:男性、27歳、公務員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都・一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:18万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:13万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万8,000円
・食費:2万円
・水道光熱費:1万5,000円
・通信費:5,000円
・お小遣い:5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:80万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):390万円
・現在の投資総額:870万円
・現在の負債総額:借金、奨学金等一切なし

飯田:今回は、老後に備えて貯蓄や投資を行っている、27歳の相談者様です。今のところ結婚の予定はなく、仕事がきついため、45歳でアーリーリタイアメントを考えているとのこと。その後はアルバイト等でまかなうことを考えています。最低限の生活で良いということで、いったい、いくらくらいお金が必要になるのか知りたいという相談です。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ