はじめに

2019年6月に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が発表した報告書(※)のなかに、「老後には年金以外に2,000万円必要」という趣旨の記載があり、これが「老後資金2,000万円問題」として大きな話題となりました。

もちろん、老後にどのような暮らし方をしたいか、年金がいくら支給されるかなど、人によって変わってくる金額ではありますが、ある程度の蓄えがあったほうが安心して暮らせるというのも事実です。

働き盛りとなる40代ではどのようにお金を使ったらよいのか、何を節約したらよいのか、ムリをしない節約術を考えてみましょう。


60歳までにいくら貯めておきたいのか?

会社勤めをしていると「定年」があります。その年齢は変わりつつあり、これからますます働き手不足となる日本では、定年の年齢が上がっていくと予想されます。そもそも終身雇用の形態も変わりつつあるので、必ずしも定年がある人ばかりではないでしょう。

それでも60歳を目安として、いくら貯めておきたいか、大まかな数字でいいので頭の中に置いておくことをおすすめします。目安がないと、毎月の収入をいくら使って、いくら貯蓄にまわしたらよいかイメージできないからです。

ざっくりとした貯蓄目標を考え、その金額を60歳になるまでの年月で割ってみましょう。そうすると、これから毎月いくら貯蓄したらよいのか、1年でいくら貯蓄したらよいのかがわかるので、その金額を頭に入れておき、可能な限り貯蓄にまわすようにしましょう。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」

自分がお金を使いたいものは何か?

お金は使ったときに初めて価値がでるものです。貯めているお金は、あくまでも将来の自分が使うお金であり、今の自分に還元されるものではありません。全精力を貯蓄に注いでしまっては、今の自分は何も経験できず、楽しくない日々になってしまうかもしれません。

だからこそ考えておきたいのは、自分は何にお金を使いたいかです。残念ながら収入には限りがありますので、あれもこれも使えるとはなりません。「これだけは譲れない!」というのを意識しておくと、自分の好きなことにはお金を使えて、満足度も高い暮らしになります。

暮らす場所である住まいにお金をかけたい人。旅行にお金をかけたい人。身につけるものにお金をかけたい人。友人との飲み会や食事にお金をかけたい人。勉強にお金をかけたい人。何に価値を感じるかは千差万別です。

人に流されるのではなく、自分がお金をかけたいことをしっかりと意識しましょう。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう