はじめに

ゴールデンウィークを前に、帰省や旅行の計画をしている人もいるでしょう。

コロナ禍で「密を避けて移動はクルマで」という話をよく聞きます。レンタカーやカーシェアリングを使うのも一案ですが、少しでも費用を抑えるために、友人や家族のクルマを借りる選択もあります。

「普段はクルマを使わないので、借りる1日だけ保険をかけたい」そんなニーズに合わせた手軽な保険が損害保険会社各社で販売されているのをご存じでしょうか。


1日だけの自動車保険とは?

知人のクルマを借りて運転。知人は自動車保険に加入しているものの、もし借りている最中に事故を起こしてその保険を使ったら、次回から知人の保険料が高くなってしまい、迷惑をかけてしまいます。借りている間だけ、自分で保険料を負担し、万一の事故の際には貸してくれた方に迷惑をかけたくないーーそんな声から生まれたのがこの保険です。

相手に対する補償は、通常の自動車保険と同じで、他人にケガをさせてしまった場合の補償である「対人補償」や、他人のものの損害に対する補償である「対物補償」は無制限、つまり賠償で支払われる保険金の上限がありません。いくつか選択できるプランがありますが、対人・対物無制限はいずれのプランも必須補償です。乗っている人のケガの補償は、搭乗者傷害保険や人身傷害保険などで補償されます。

車両の損害補償は、プランによって有無が分かれ、補償の算出方法が一般的な自動車保険と少し異なります。一般的な自動車保険では、年式や車種によって車両金額を設定していきますが、1日だけの保険は車両の復旧費用として、保険金額を一律にしています。そのため、実際の復旧費用を下回るケースもありますが、万一、借りたクルマを壊してしまった際の負担を考えれば、補償があるプランを選んだほうがいいですね。

ロードサービスや緊急時のサービスも大事なところです。レジャーで遠出をされるケースなど、初めての土地での事故は、サポートデスクが頼りです。24時間365日トラブルに対応してくれるのかや、クルマが使えなくなった時に帰宅費用を支払ってくれるのかなど、サービス内容をしっかり確認しておきましょう。

基本的なプランでは1日800円程度、複数名の登録や車両保険付帯で3,000円程度の保険料です。1日の保険を複数回使用することで、本来の自動車保険に加入する時、割引になる特典がある保険会社もあります。コンビニ・スマホ・PCから手軽に加入できることも魅力です。

契約が完了すればその時点で補償が開始されるので、すぐに乗りたい時にも十分間に合います。例外は車両補償をつけるケースです。この場合は、申込から7日以内は補償開始日を選べません。旅行の計画が決まったら、早めに準備しましょう。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう