はじめに

「おいしいものを食べることが生きがい」「食べるものにはこだわりたい」など、食べることが好きな人にとって、「食費の節約」は大きな悩みのタネとなりがちです。好きなものを食べたいけれど、食料品の値上げも続くなか、「なんとか食費を抑えなくては…」と、頭を抱えてはいませんか?

そこで、食べることが大好きな筆者自身の経験も踏まえて、「買い物リスト」を活用した、無理なく続けやすい食費節約のコツをご紹介します。


スーパーが楽しい人ほど「買い物リスト」が必要なワケ

スーパーに行くと、「おいしそう!」「新商品を試してみよう!」など、つい予定していなかったモノまで買ってしまうことはありませんか? 食べることが好きな人にとって、様々な商品が並んでいるスーパーは、大変魅力的な場所です。食費は、「必需品だから…」と、自分に甘くなってしまいがちですが、実態は必要でないものも合わせて買いやすい支出なのです。

財布の紐を緩めずに過ごすためには、「必需品の買い物」と「自分の趣味の買い物」を、分けて考えることが大切です。具体的には、買い物の前に、買う予定のモノを一覧化した「買い物リスト」を準備するのが有効です。リストを作ってから買い物に行くと、「実は必要ないのに、つい買い足しているモノ」にすぐ気づくことができます。買い物リストに沿って買うことができれば、ムダ買いがぐっと減り、食費をコントロールできるようになるでしょう。

ムダ買いを減らしつつ、楽しむゆとりも残そう

買い物リストの通りに買い物をするとムダ買いは確実に減ります。ただ同時に、買い物の楽しみも減ってしまいます。筆者自身がそうなのですが、あらかじめ決められたモノだけを買うと、楽しいはずの買い出しの時間が「作業」のように感じられ、途端につまらなくなるのです。

楽しくない節約方法は、続きません。そこで、リストを作るときは、必需品を書き出すことと同時に、自分の好きなものを買う「ご褒美枠」を作っておくことをおすすめします! 例えば、1回の買い物に使えるお金が約3,000円なら、2,500円は必需品の買い物に充て、残り500円は自分の好きなものを買うと、決めておくのです。

なお、「スーパーで特売品を見てから買う商品を決めたい」といった方は、大体の種類と予想金額だけ書き出しておき、何を買うかはお店でのお楽しみにしておくと良いでしょう。

<ご褒美枠のある買い物リストの作り方>
事前準備:必需品とご褒美枠の予算を決める
手順(1)買う必要性が高い商品(必需品)を書き出す
手順(2)ざっくり決まっている必需品を書き出す(特売品から選んで買うものなど)
手順(3)大体の予想金額を書き出す(50円単位で書くと計算しやすいです)
手順(4)自分の趣味として買うご褒美枠の商品や予想金額を書く
手順(5)予想金額の合計金額が予算を超えていたら、リストを見直す

買い物リストは、ノートやメモ帳、スマホなど、自分が使いやすいツールを選びましょう。合計金額を自動計算してくれる表計算アプリなどを活用するのもいいですね。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ