はじめに

インフレで食料品などの値上げのニュースが毎日のように報道されている中、生活防衛に役立つ株主優待の象徴といえばイオン(8267)です。数多くのメディアで株主優待が紹介されているのでご存じの方も多いと思いますが、改めてイオンの株主優待内容を確認すると「何これ? 知らなかった!」となるサービスもいくつもあります。

しっかりと攻略することで、何倍もお得になったりしますので、既に保有している方も、これから検討する方も参考にしていただければ幸いです。


まずは代表的な株主優待であるキャッシュバックについて

イオンの株主には2枚(本人用とFamily用)のオーナーズカードが配布され、イオン系列の店舗で会計前に提示することで、持株数に応じて購入金額の合計に、下記の返金率を乗じた金額を半年ごとに返金されます。

画像:筆者作成

オーナーズカードが2枚配布されることで、イオン系の利用率が高い家族とそれぞれ保有することが出来ます。せっかく買物したけどオーナーズカードの提示がないと普通に買い物しただけになっちゃいますからね。

例えば100株保有の株主が3月から8月に30万円利用した場合は10月に9,000円分の返金が、9月から2月も同様に4月に返金されます。

お客さま感謝デーの5%割引特典との併用も可能

イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどのお客さま感謝デー実施店舗では、オーナーズカードを提示することで毎月20・30日の「お客さま感謝デーの5%割引特典」が適用されます。会計時に5%割引となり、割引後の支払い金額が株主優待特典のキャッシュバック対象となります。

イオン系のネットスーパーでもオーナーズカードが利用可能

ネットスーパーは24時間いつでもパソコンやスマホから注文ができ、お米や水などの重たい商品も玄関先まで運んでもらえるのはありがたいですね。また配達日や時間帯を選べるのも魅力の一つです。そして、ネットスーパーもオーナーズカードを事前に登録することによって店舗での買い物と同様に保有株に応じて返金されます。

※画像:イオンネットスーパー公式サイトより引用

実際に使った感想は、とにかく便利。なんでもっと早くから利用していなかったのかと後悔するほどです。デメリットといえば、賞味期限がわからない事ぐらいかも……。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介