はじめに

前回は「株の格言」から投資に対するヒントなどを紹介させて頂きました。

今回は、「投資の神様」とも呼ばれるウォーレン・バフェット氏の発言や投資スタイル、また、そこから考える投資のヒントを紹介したいと思います。


投資の神様・バフェットの投資スタイル

ウォーレン・バフェット氏とは、米国の投資家で、資産家であり、また経営者でもあります。

世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主で、同社の会長兼CEOを務めています。バフェット氏は、昨年までの2年間の株式市場は「狂気的だ」と語り、保有株式を売り越しました。しかし今年の1〜3月期に400億度ドル(約5兆円)の株式を購入した事が、2022年4月30日(土)に開催された年次株主総会で明らかになりました。買い付け銘柄は米国エネルギー大手オキシデンタル・ペトロリアムや同じく米国の石油メジャーの一角、シェブロンやヒューレット・パッカードなどが報告されました。

バフェット氏が株価が「割高か、割安か」を判断するときに重視していると言われているのが「バフェット指標」です。バフェット指標は、米国のGDPに対して、米国株が割安か割高かがわかる指標で「株式の時価総額÷名目GDP×100」で算出できます。数字が大きいほど株は割高で、小さいほど割安と判断します。

2021年末に200%を超えていたこの指標が、2022年3月にはコロナ・ショック直後の170%台まで下がったことで、バフェット氏は株式を購入したようにも思えます。

バフェット氏の過去の発言から投資のヒントをお伝えしていきます。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を