全部でいくら?

さて、総額はいくらになるでしょうか……?

総額……23万7,515円

いかがですか? 「意外に高額じゃない?」とホクホクした方も、「えーっ、そんなに安いの~!?」とムッとした方もいるでしょう。

オークションなら納得のいく価格で売れるかも

ここで出した家財(☆印)の金額は、主に、ショッピング・オークションサイトの商品データを収集し分析・提示する商品取引情報サイト「aucfan.com」の「価格相場を調べる」機能を利用して、おおよその価格を割り出したものです。(本、ブランド以外の洋服・靴・バッグ、金券類は各専門業者サイトによる)

オークション相場を調べれば、今、自分が持っているものに、中古市場ではいくらの値がつくかを知ることができます。その価格で売れれば、ある程度納得いく金額を手にすることができるでしょう。しかし問題は、オークションには出品の手間と、落札者とのやりとりという時間コスト、梱包の手間がかかることです。落札者の負担であることが多いため、送料はかけずに済みますが、旅立ちを急ぐ中、たくさんのオークションの管理をすることは容易ではありません。

出張買取は便利、でも……

そこで、一度にすべてを査定・買取してくれる出張買取という手段があります。業者が直接家に来てくれ、買い取った品を持って行ってくれる出張買取は、一度にすべてが済むためとてもラク! しかしその場合、オークションの落札価格のようなわけにはいきません。オークションでは、リサイクルショップの店頭価格とあまり変わらない金額を手にできますが、出張買取は、いわば店頭価格に対する仕入れ価格。オークションの落札価格と比べると、10~20%程度の査定価格になってしまうようです。

買取業者の訪問は、あなたがオークションにかける手間と時間のコストを代行してくれるものですから、楽に売れる代わりに、売値が安くなるのは仕方のないことかもしれません。☆印のついた価格を、間をとって15%で計算し直してみると、3万1,080円になってしまいます。すると……

☆印以外の価格と合わせても、全財産は6万1,395円にしかなりません。

出品や梱包のコストとして、妥当と思うか、高いと思うかは、それぞれの価値観によるところでしょう。

どんなモノなら買っていい?

実際、上の計算でも、ノンブランドの洋服や本に関しては、オークションではなく、リサイクルショップの買取価格を適用しています。数が多いため、短期間に1点1点をオークションで売ることは考えにくいからです。ものにもよりますが、洋服なら中古価格の5%以下、一般的な本はそれ以下にしかならないことが多いようです。状態によっては、買い取ってもらえないこともあるでしょう。

ノンブランドの服やバッグ、読んだら価値がなくなる(情報に価値がある)本は、それを自分なりに活用し、楽しむことにこそ価値があり、リセールバリューは考えない方がいいようです。これに対し、有名ブランドの新しい品は比較的高値がつきますし、価値の変わりにくい貴金属や金券類は、元の値段とあまり変わらない値段で売れる可能性があります。

買うなら、ブランド物を少しだけ、というのは、換金率を考えるといい持ち方かもしれません。また、趣味のコレクション(アニメグッズ、模型、アンティーク、古切手など)は、クオリティによってはかなり高額で売れることもあります。

モノはお金に戻らない!

とはいえ、ものによっては、お金を出して買った瞬間から、価値は半分以下になってしまいます。たいてのモノはお金に戻りません。

だからといって、何も買わずにいれば、お金こそ減りませんが、人生を楽しむ時間が減ってしまうかもしれません。便利なモノは暮らしを楽にしてくれますし、楽しみを与えてくれるモノは人生を豊かにしてくれます。

厳選してほんとうに気に入ったモノだけ買う。
買ったらとことん楽しんで使い、元をとる。

そうすれば、ある日突然旅立つことになり、すべてのモノを手放す時が来ても、くやしい思いをせずにすむのではないでしょうか。