生活

新幹線もスマホ利用でお得になる時代へ

東京~新函館北斗が往復1万円も安い!

スマホなどの携帯情報端末が進化したことで、コンビニから自販機など、なんでもスマホ一つでスマートに購入できる時代になりました。そんな便利な時代に生きているサラリーマンの方々に知っておいて頂きたいのが、「新幹線もスマホ一つでチケット予約&改札もタッチアンドゴーできてしまう」ということ!

在来線だけでなく今や新幹線もスマホ一つで乗れるようになったんです。しかも、注目なのは、スマホで予約すると料金も安くなるというところ。オシャレかつお得に新幹線を利用できるサービスをチェックしていきましょう。


JR東日本の新幹線をスマホで予約!「モバイルSuica特急券」

JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)の切符をスマホから簡単に買える「モバイルSuica特急券」。Suicaを利用できるJR東日本だからできるサービスで、在来線同様、タッチアンドゴーで新幹線に乗ることができます。

この「モバイルSuica特急券」、スマホでお手軽に利用できるのはもちろん、料金も通常よりお得になるので新幹線をよく利用する人にはもってこいのサービスなんです!

http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/e-ticket/

「モバイルSuica特急券」を利用するには

「モバイルSuica特急券」を利用するにはスマホなどの携帯情報端末からモバイルSuica対応アプリをダウンロードし、会員登録が必要です。アプリを起動して情報(名前・電話番号・クレジットカード番号)を入力。これでOKです。

登録が済めば、新幹線の指定席も自由席もスマホから楽々購入できます。

※ビューカードは無料ですが、その他クレジットカードの場合は年会費1,030円がかかります

モバイルSuica特急券は、通常「モバトク」と呼ばれお得に新幹線を利用できますが、もっとお得に新幹線を利用できる「スーパーモバトク(スーパーモバイルSuica特急券)」もあります。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

発車6分前まで購入OK!「モバトク」

モバトクもスーパーモバトクも新幹線のチケットをアプリから購入可能。チケット情報をダウンロードしたら、携帯情報端末を改札機にタッチするだけで新幹線に乗車できます。

モバトクの特徴は、乗車のギリギリに購入することができるという点。購入できる期間は、乗車日の1ヶ月前10:00から発車時刻の6分前までで、急な利用の際にもタッチアンドゴーができるんです。

料金も通常の紙の切符より格安。東京から、今年話題の新函館北斗駅と、人気の金沢駅までの2つのルートの料金を見てみましょう。

区間紙の切符モバトクお得額
東京駅~新函館北斗駅間22,180円20,630円1,550円
東京駅~金沢駅14,120円13,380円740円

新函館北斗なら往復で3,000円もお得になるので、旅行先で美味しい食べ物を追加できそうですよね。上記であげた例は普通車の料金ですが、グリーン車も通常より安く乗車することができますよ。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ