住まい

新築マンションと中古マンション、かかるお金の違い

税金、管理費、修繕積立金など

このところ新築マンションの価格が高止まりしています。住宅ローン金利は下がっていますが、それでもかなり高額なお買い物になります。また、新築マンションの場合は完成前に販売されることが多いため、今すぐ入居できない、ほしいタイミングで買えないというデメリットもあります。

そこで注目したいのが、中古マンション。お値段も新築に比べてお手頃な物件もありますが、購入価格のほかにどんな費用がかかるのでしょうか。


新築でも中古でも必要になる契約時のお金

都内に4000万円(土地、建物各2000万円、70㎡)のマンションを購入するAさんがマンション購入までに支払うお金を見ていきましょう。

新築の場合でも中古の場合でも必要になるお金は、次のとおりです。

  • 手付金・・・不動産価格の5%~10%(Aさんの場合は400万円)
  • 売買契約書に貼る印紙代・・・1万円

引渡しのときに必要なお金

新築でも中古でも、マンション引渡しのときには物件代金のほか、火災保険料、登記費用、司法書士報酬、固定資産税清算金などの支払いが必要になります。また、代金を借り入れで支払う場合には、住宅ローンに関する費用の支払いも必要です。

  • ローン関連費用・・・約100万円(保証料含む、全額ローンの場合)
  • 火災保険料・・・約5万円(火災保険のみ、10年一括支払い)
  • 登記関連費用・・・約40万円
  • 固定資産税清算金・・・約10万円(引渡しの時期による)

引渡し後に必要なお金

引越し代金や家財の購入費用のほか、マンションの場合は管理費、修繕積立金などが毎月かかります。また、固定資産税の支払いも毎年必要になります。

引渡しの半年から一年半後に、不動産取得税を支払わなければならないのも忘れてはいけません。

  • 管理費・・・年間約20万円(1ヵ月あたり230円/㎡として計算)
  • 修繕積立金・・・年間約8万円(1ヵ月あたり100円/㎡として計算)
  • 固定資産税・・・約25万円(3階建て以上の場合、新築マンションの軽減適用。)
  • 不動産取得税・・・24万円(Aさんの場合)
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ