生活

これで臭わない!洗濯物の部屋干し臭を防ぐコツ

梅雨時の嫌な臭いはこうして防げる

梅雨シーズンが到来しました。この時期、外出すれば雨に濡れるし、部屋も湿度が高くジメジメしていて不快感もありますよね。中でも、部屋に干した洗濯物がいつまでも乾かない、乾いてもなんだか臭う、という悩みを持つ人も多いはず。

今回は、これだけ守れば部屋干しの洗濯物も臭わないコツをまとめてご紹介します。


部屋干しの洗濯物が臭う原因

なぜ、洗濯物を部屋に干すと臭くなってしまうのか。そのメカニズムを理解し対策をすれば、それだけで臭いを防ぐことができます。

洗ったはずの洗濯物には、臭いの元となる雑菌が残っていることがあります。さらに部屋干しで長時間湿っているうちに、その雑菌が繁殖してしまい、部屋干しの洗濯物が臭う原因となっているのです。

だから、洗濯したものに雑菌を残さないようにする、極力短時間で乾かすようにする、この2点に注意すれば、部屋干しした洗濯物も臭わないようになります。

洗濯機を清潔に保つ

そもそも汚れた衣類を綺麗にするために使っている洗濯機ですが、実はこの洗濯機が汚れいてるというケースが多いのです。定期的に掃除をしていないと、洗濯槽の裏側は黒いカビが一面に張り付いていることも。洗濯槽専用洗剤を使い、3~4ヶ月に1度は定期的に洗濯槽の掃除をしましょう。

また、洗濯機を使い終わったら、毎回30分から1時間は蓋を閉めずに開けておき、洗濯槽の内部を乾燥させるようにします。乾燥機能がついた洗濯機であれば、その必要はありません。

汗をかいた洗濯物は要注意

汗をかいた衣類を洗濯するまでの間、脱いでそのまま洗濯機の中にいれておいたり、脱衣かごに詰め込んだりしていないでしょうか。これも長時間湿った状態にしてしまうため、雑菌が増える原因となってしまいます。

脱いだものが湿っているようであれば、面倒でもハンガーやかごの横に掛けるようにして、乾燥させておく必要があります。

部屋干し専用洗剤・漂白剤を利用する

部屋干しの臭いが注目されるようになってから、洗剤メーカーからも部屋干し専用の洗濯洗剤が発売されるようになりました。抗菌効果が期待できるものなので、これらを利用するのも一つの方法です。

また、洗濯するときに、衣類用の酵素系漂白剤を一緒にいれることによっても、雑菌を防ぐ効果を期待できます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ