生活

これで臭わない!洗濯物の部屋干し臭を防ぐコツ

梅雨時の嫌な臭いはこうして防げる

部屋干しの洗濯物を早く乾かす干し方

洗濯の段階で菌を極力防ぐことができたら、次は干し方。干し方によっても洗濯物が早く乾くか否かにかかわってきます。

まずは、洗濯機の脱水が終わったら、間を開けずすぐに干すようにします。洗濯機の中で濡れたままの洗濯物が固まっていると、それだけで雑菌を増やすことになってしまうからです。

部屋干しという限られた空間ですが、洗濯物同士は間隔をあけるようにします。また、一つ一つの洗濯物も極力重なる部分が少なくなるような干し方にすることも重要です。

例えば、大きなバスタオルなどは、二つ折りでハンガーに掛けるのではなく、端をピンチハンガーなどでひっかけるようにし、二重になる部分を減らします。ジーンズのようなものであれば、胴回りを広げてピンチで挟む干し方をします。

こうすることによって風通しがよくなり、より早く乾くようになるのです。

風を当てる、湿気を吸う

濡れた衣類に扇風機やサーキュレーターを使って、直接風を当てるようにします。そうすることによって、衣類の水分が吹き飛び早く乾くからです。また、衣類から飛んだ水分を吸い取らせるために、除湿器やエアコンの除湿機能(ランドリー機能)を同時に使うことをおすすめします。

洗濯物の水分を飛ばす、飛んだ水分を除湿する、この二刀流で一気に洗濯物を早く乾かすことが可能になります。

部屋干しする際に、洗濯物をかける場所としてカーテンレールを選ぶ人も多いでしょう。しかし、このとき、湿った洗濯物がカーテンに接触してしまうとカーテンも濡れ、ともすればカーテンに雑菌が繁殖してしまうことにもなりかねません。

カーテンレールに洗濯物をかける場合は、カーテンを開けた状態にし、洗濯物に接触しないようにしましょう。

衣類用消臭スプレーを使うタイミング

衣類の臭いを消すための消臭スプレーを使う人もいるかと思います。その場合、洗濯物が乾いてから消臭スプレーを使う人も多いのではないでしょうか。実は、衣類用の消臭スプレーは、乾燥していく段階で臭いのもとを包み込んで乾燥していくため、衣類が濡れている段階で使うと効果的なのです。

前述の洗濯槽の掃除から干し方までを実行し、それでも洗濯物が臭ってしまうという場合は、濡れた洗濯物を干した段階で消臭スプレーを使ってみてください。

乾きやすさを優先しこまめに洗濯

回数多くこまめに洗濯をすることによって、洗濯物の量も減り部屋干しのスペースを確保できますし、脱いでから洗濯するまでの間に雑菌が増えるリスクも減らすことが可能になります。少し面倒かなと思っても、梅雨時期はとくにこまめに洗濯するようにしましょう。

今回ご紹介した方法を実行すれば、部屋干しの洗濯物が臭うということも防ぐことができます。ぜひお試しください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ