読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は深野康彦氏がお答えします。


お金の使い方が下手すぎるのが悩みです。現在、ひとり暮らしで正社員として勤めています。年収は400万円程度で人並みの収入はあると思うのですが、支出も400万円とあればあるだけ使い、毎月赤字寸前の生活を送っています。旅行もお酒も大好きで、趣味のサーフィンにも結構なお金がかかっています。友達付き合いも大事にしたいので、週に最低1回、多いときはほぼ毎日飲み歩いています。家賃は8万円で、自分が住んでいる地方都市の水準からすると平均より高いです。保険などには入っておらず、貯蓄も特にありません。


これではダメだと節約を始め、最初の数ヵ月はお昼はパンにして、飲み会は断り、いい感じに削減できていたのですが、長くは続かず、逆に反動で新しい車を買ってしまいました。やりくりできない自分が嫌になります。給料日を待ちわびるような今の状況から変わっていきたいと思っています。はじめの一歩として、なにをすればよいのか、またはどのような心構えで挑めばよいのかアドバイスをいただけないでしょうか。
(24歳 男性 独身)

深野: お金の使い方に悩まれているようですが、だれもが始めからお金の使い方が上手だったわけではありません。試行錯誤しながら、自分なりのお金の使い方を身につけたのです。

ご質問者はまだ若いのですから、これからお金の使い方、貯め方を学んでいけば、遅れを取り戻すことは十分可能なのであまり気を落とされないようにしましょう。

「NEED」か「WANT」かを見極める

ご質問を読んでいる限りでは、あればあるだけお金を使ってしまうようですが、お金を使う際に気をつけたいのが「必要(NEED)」と「欲しい(WANT)」の仕分けになります。

NEEDは日常生活で必要なものですから、お金を使っても構わないものである一方、WANTは日常になくてもよいもの、言い換えれば欲求を満たすものです。このWANTに該当するものを、いかにコントロールしていくかが、お金を効率的に使っていく上で重要になるのです。

ご質問者はWANTが多すぎるため、往々にして給料日前はピンチになってしまうと考えられるのです。すべてのWANTに対してお金を使うなとはいいませんが、WANTに該当するものには優先順位をつけ、その下位のものにはお金を使わないようにするのです。

つまりは、メリハリをつけてお金を使いましょうということです。

どうやってメリハリをつければいい?

メリハリという意味では、家賃が高いところに住まわれているようですが、NEEDにおける支出のうち、衣、食、住の中で、ご質問者が住にこだわるのであれば、衣と食を抑えれば問題はないのです。

人によっては食に、あるいは衣(ライフスタイル)にこだわる人もいるはずですが、すべてを満足できるほど収入を得ている人は少ないのです。それでも一部にこだわってお金をかけた分、残りにはお金をかけないようにして、支出全体を一定額の範囲内に収めるようにすれば十分です。あとはしっかり貯蓄ができていれば、家計は合格です。

まずは少額から貯金、引き出しに制約があるものを選んで

ご質問者の場合、残ったお金を貯蓄していくというのは難しいでしょうから、先に貯蓄を行って、残った金額で生活するというスタイルがよいと思われます。

ただし、背伸びした金額で貯蓄を行うと、途中で挫折する可能性がありますので、最初は数千円または1万円程度で構いません。慣れてきたら、貯蓄を行う金額を徐々に増やしていくスタイルがよいでしょう。

節約を始めたものの、ふとした反動で新しい車を買ってしまったと記載がありますが、お金を貯めるという側面から見ると、なるべくなら引き出しに一定の制約がある金融商品を使われるとよいと思われてなりません。

勤務先に財形貯蓄があれば財形貯蓄を、財形貯蓄がなければ給与振込口座の積立貯金を利用されるのが無難だと思われます。

また、保険などに加入していないと記載がありますが、ご質問者の場合は死亡保障は必要ありません。必要という意味では貯蓄がないため、もしもの時に備え医療保障を検討することになるでしょう。加入するなら保険料の低い共済や、ネットで加入できる医療保険で最低限の保障で十分だと思われます。