生活

わさび醤油でさっぱり「まぐろステーキアボカドサラダ丼」

まぐろはレアでお好みの野菜を添えて

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

まぐろのさく、お刺身もいいけど、たまには両面さっと焼いてレアステーキに。

アボカドとお好みの野菜をのせて、お好みのご飯でサラダ丼はいかがでしょうか。わさび醬油ベースのドレッシングたれでさっぱりといただけますよ。


『まぐろステーキアボカドサラダ丼』の材料(約1人分)

材料分量
まぐろ1/2さく
(まぐろの種類はお好みで。写真はめばちまぐろ(解凍)赤身さくを使用)
アボカド1/2個
(写真はあらかじめ皮をむいてスライスしたもの)
ベビーリーフ適宜
(写真はあらかじめ洗って水気を取ったもの)
お好みのご飯適宜
(写真は発芽玄米ご飯を0.8合使用)

A) ドレッシングたれ

材料分量
しょうゆ大さじ1
ごま油少々
わさび少々
にんにくスライス1枚(まぐろステーキ用に焼いた後、ドレッシングに使用)
いりごま少々(写真は金ごまを使用)
塩少々
(まぐろの下処理に使用) お好みの油大さじ1
(今回はまぐろステーキを焼く際、EXVオリーブオイルを大さじ1程度使用) 日本酒または白ワイン大さじ1/2~1
(まぐろステーキを焼く際、香り付けに使用) レモン汁少々
(写真は小さじ1程度。アボカド変色防止に使用) 氷水適宜
(材料外。焼いた直後、まぐろステーキを冷やすのに使用)

『まぐろステーキアボカドサラダ丼』の作り方

1:ベビーリーフはさっと洗い、水気を切って、アボカドは皮をむいて薄め(3~5㎜程度)にスライスし、レモン汁をかけてそれぞれ冷蔵庫で冷やしておく。

2:にんにくは皮をむいてスライスし、芽の部分を取り除いておく。

3:まぐろは軽く塩を振り、しばらく置いたら軽く水気を拭きとっておく。

4:フライパンにお好みの食用油(今回はEXVオリーブオイルを大さじ1程度使用)、にんにくスライスを加えて火を付け、にんにくスライスがきつね色になって油に香りが付いたら、にんにくスライスは外して、(のちほどドレッシングたれで使用します)、あらかじめ下処理したまぐろのさくと日本酒(または白ワイン)を加え、両面さっと焼く。

5:両面焼けたら、余熱で火が通り過ぎないようにすぐに氷水で冷やし、粗熱が取れたら、キッチンペーパーなどで水気を拭いて、食べやすい大きさに切って、冷蔵庫で冷やしておく。

6:A) ドレッシングたれを作る。
4:で使用したにんにくスライスにしょうゆ、ごま油、わさび、いりごまを混ぜておく。

7:どんぶりなど深さのある器にお好みのご飯を盛りつけ(発芽玄米ご飯を使用)、ベビーリーフ、カットしたまぐろステーキをのせ、ドレッシングたれをかけたら完成。

『まぐろステーキアボカドサラダ丼』のポイント・コツ

・野菜やまぐろステーキの切り方、ご飯、まぐろ、油の種類などご自由にお好みで。
・ご飯もあえて冷やして、全体的にひんやり仕上げにしても◎
・他のお好みの野菜などを加えてサラダ仕立てにしても◎
・まぐろステーキは氷水の代わりに冷水で冷やしても◎
・野菜やまぐろは水気をよくふき取ってください。
(水気が多いと傷みやすいのでご注意ください。水気を抑えることでドレッシングたれがより入りやすくなります)
・いりごまは加える直前に弱火で炒ったものを加えるとより香ばしく仕上がります。

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。
お弁当お弁当以外

元記事:まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

(この記事はケノコトからの転載です)
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ