ひと雨ごとに秋の気配が深まる、今日この頃。気温が25度を下回る日が増え始めると、秋冬もののスーツをどうしようか、と悩むビジネスパーソンも増えてくるのではないでしょうか。

ただ、買い替えるにしても、それなりのスーツを購入しようとすると上下1セットで5万~6万円はかかってしまう。では、最近増えてきたスーツのレンタルサービスはどうかといえば、他人が身につけた衣服を自分が着るのは抵抗感がある――。

そんな人にとって朗報といえそうなサービスを、「ダーバン」ブランドなどで知られるアパレルメーカーのレナウンが始めました。実に月額料金は、購入した場合の半額程度。老舗メーカーが始めた衝撃の新ビジネスとは、どんなサービスなのでしょうか。


月額料金は4800円から

レナウンが今年7月に本格ローンチした「着ルダケ」という新サービス。月額制のビジネスウェアトータルサポートサービスと謳っています。

利用者には年2回、春夏と秋冬のシーズンごとにレナウンからスーツが届けられます。基本プランは2タイプ。最も安いプランは1シーズンにスーツ2着が提供されるもので、月額料金は4,800円(税抜き)となっています。

衣替えのタイミングでこれまで使っていたスーツを送り返すと、レナウンがクリーニングと保管をしてくれ、次の衣替えのタイミングで再度届けてくれるというシステム。サイズ展開は4種類の体型と4種類の身長との組み合わせから、自分に合ったものを選ぶことができます。

スラックスにはアジャスターが付いており、プラスマイナス7センチメートルまで調整可能。直しは裾上げだけで済むといいます。コンシェルジュサービスも付いていて、コーディネートや手入れに関する相談をすることができます。

利用希望者はレナウンのEC(ネット通販)サイトから申し込みます。最初に自分のスーツのサイズを計る必要がありますが、計測に不安のある人や、事前に商品の材質を確認したい場合は、東京・有明にあるレナウンの本社を訪れれば採寸と材質のチェックが可能だそうです。

レンタルではなく、自分専用

他にも類似のサービスを展開しているところはありますが、それらはレンタルが基本。スーツは他の人が着たものを借りることになります。

これに対して、着ルダケで提供するスーツを使用するのは、その客のみ。自分専用のスーツをシーズン(半年)ごとに2年間利用できる点を最大の売りにしています。

着ルダケで取り扱っているスーツは、販売価格だと5万~6万円のものと同等の品質だといいます。2年間で4着を利用できるので、購入した場合は24万円相当になります。これが月額4,800円のプランを2年間利用した場合は、利用料が12万円弱。半額程度に抑えられるうえ、クリーニングと保管の料金も含まれています。

レナウンの中川智博カスタマーリレーション&コーポレートコミュニケーション統括部長は「かなりお得なプランです」と胸を張ります。

契約期間は半年単位で、契約終了時点でスーツを1万5,000円で買い取ることも可能。ネクタイが付いているプランでは、半年ごとに3本が支給され、返却は不要となっています。