読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は竹内美土璃氏がお答えします。


月10万円は貯金しようと思っているのですが、10万円を先に貯金に回すと毎月の生活費が足りなくなり、クレジットカードを使ってしまいます。結局、翌月のカードの請求額が高くなり、支払いのために貯金ができず、負のループに陥ってしまいます。どうしたら上手にやりくりできるのでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、38歳、既婚、子供1人
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・手取りの世帯月収:43万円
・毎月の支出目標:30万円

竹内: ご相談ありがとうございます。毎月10万円の貯金をしようと思われているなんて、とても前向きですね。目先のことだけではなく、将来にわたってきちんと考えられるのは素晴らしいです。ただ、実際にはそんなに貯蓄ができないとのこと。まずは、お金を使ってしまうという考え方を見ていきましょうね。

貯金は給料の2割を目標に

先に貯めるお金をよけておいて、余ったお金で生活をする――それはとても素晴らしいことです。私もお客さまにおすすめしている方法です。ただ、ご相談者さまは毎月不足額が発生してしまい、クレジットカードに頼ってしまうとのこと。それでは結局、できていないことと同じですよね。

今のご相談者さまの生活からは、10万円の貯金は金額が大きいのではないでしょうか。私はお客さまに「まずはお給料の2割を貯めましょう」とお話しています。いきなり10万円からはじめるのではなく、まずは無理をせず「今月は3万円貯めてみよう」「先月3万円貯められたから来月は4万円貯めよう」など段階を追って増やしていくのはいかがでしょうか。