生活

人生における落とし穴、やってはいけない7つの「悪い習慣」とは?

世界的ベストセラー「7つの習慣」の系譜を継ぐ1冊が日本に上陸

『やってはいけない7つの「悪い」習慣』(デビッド・M・R・コヴィー/スティーブン・M・マーディクス:著・野津智子:訳)は、世界的ベストセラー『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー:著)の系譜を受け継ぐ1冊!

主人公の転落と再起のストーリーを通して、人生における7つの落とし穴をいかに避け、抜け出すかを解き明かす本書には、ブライアン・トレーシー(『カエルを食べてしまえ!』)、ケン・ブランチャード(『1分間マネジャー』)などをはじめ、多くのベストセラー作家から推薦の言葉が寄せられています。

満を持して日本に上陸した本書の魅力や読みどころについてみてみましょう。


私たちの身近に潜む7つの「落とし穴」

物語はある日、主人公のアレックスが、購入したばかりのゴージャスなオープンカーを家族に披露すべく家へと走らせている場面から始まります。アレックスは愛する妻と、可愛い2人の子どもをもち、会社では営業部長として活躍しています。

順調そのものと思えるアレックスの毎日。しかし実は、友人に対する見栄やリッチな休暇、快適なライフスタイルにこだわるあまり、30万ドルを超える借金を抱えていたのです。

そうした状況の中、さらにローンを組んで身の丈に合わない車を購入したことから、ついに妻は怒って家を出て行ってしまいます。

「なぜ、何もかもだめになってしまったんだろう」

アレックスが途方に暮れる中、今は亡き親友の母・ヴィクトリアと偶然再会します。

自身に起こった問題について語るアレックスに、ヴィクトリアは“人生の罠”について話し始めます。

「流砂と同じで、落とし穴や罠というのは、はまり込んでしまうのはあっという間なのに、出るとなると本当に大変。もがけばもがくほど、いよいよ深く沈み込んでしまう感じだし。

でも対処法や適切な手順を心得ていれば、抜け出すことは十分に可能よ。それどころか、思うよりずっと簡単なの。それに兆しに気づくことができたら、危険を察知して、そもそも足を踏み入れずにおくこともできる」(本書47ページより)

私たちが知らず知らずのうちに「罠」に陥ってしまう理由

ヴィクトリアは私たちの身近にひそむ「罠」の特徴として以下の4つを示します。

1.魅力がたっぷりに見え、知らぬ間に引き寄せられてしまう
アレックスが陥った「金・借金」の罠はまさにこれ。世の中には、家や車、素敵なレストランでの食事など、お金を消費することで手に入れられる魅力的なものがあふれています。

きちんと計画を立ててお金を管理しなければ、流されるまま、遊びや楽しいことばかりを優先してしまい、あっという間にお金はなくなります。収入の範囲内で暮らすためには、規律と覚悟が欠かせません。

それがなかなかできないのは、カードやローンといった姿の見えないお金でとても簡単にものを手に入れられる時代になっているから。サイン一つで手に入るものにどれだけの価値があるのか意識することなく、簡単にお金が使える快楽に引き寄せられてしまうのです。

2.いっときは楽しく過ごせるが、やがて、苦しい思いを永遠にすることになる
お金を使う快楽は返済の苦しみと表裏一体です。返済の目途がつくからとさまざまな買い物をした結果、収入に見合わない返済に追われ続けることがあります。また、いま借金をしていなくても、子どもの教育費・老後の資金などを考慮して資金計画を立てなければ、いずれ借金の罠に陥ることになるのです。

このように罠は、人間関係、仕事、学びなど、人生におけるさまざまな場面で私たちを惑わしてきます。そして、私たちは「あとで苦しい思いをすることになろうとも、今のこの心地よさには代えられない」と考えて現実から目を背けてしまうのです――。

「このことを忘れないで。借金は、あなたの敵以外の何ものでもないこと、そして泥沼状態になってしまうことを。それから、借金がどんどん増えていくことに関しては、それにかかる利子が、とくに問題ね」(本書96ページより)

3.落ちたら最後、抜け出すのは至難の技。抜け出し、二度と落ちないようにするためには、これまでにないアプローチを使う必要がある

「最悪のことが起きる前に抜け出せばいい」

誰しもがこのように考えるものです。しかし、いざ最悪の事態が目の前に迫ったとき、ありがちなアプローチを使ったところで抜け出すことは容易ではありません。

アレックスの場合もそう。計画を立ててそれをきちんと守り、どんなに大変な時でも自制心を働かせ借金を返済すると決めた後も、結局はお金の魅力に抗えず、かえって借金を重ねる結果に――。そこで、1つのアプローチとしてヴィクトリアは「借金返済お助けヘビ」という、独自のスコアボードを作ることを提案します。

方法は簡単で、ロール紙に長い胴体のヘビを書き、借金1000ドルごとに、線で区切りをいれていきます。その長い長いヘビを部屋の中の目につく場所に張り出し、少しでも返済するたびに、ヘビの胴体に入れた区切りの線を切っていくのです。

これを取り入れたことで、形としてあやふやだった借金の総額、返済の目標を実感することができるようになり、アレックスの行動も少しずつ変わっていきます。

そもそも、罠にかかる人は正しい道に戻るための意志が弱い傾向にあります。だからこそ、正当法とは違うアプローチに目を向けてみる必要があるのでしょう。

4.目標に向かって前進するのを不可能にし、私たちの行動を制限する
「金・借金の罠」に限らず、自身の意見や考え方が正しいと決めつけることによって人間関係を壊してしまう「夫婦・恋人関係の罠」、取るに足らないものに夢中になり、目標を見失ってしまう「焦点の罠」、仕事に対して情熱を失ってしまう「キャリアの罠」など、わたしたちの行動を制限するのが、罠の罠たるゆえんです。

気づけば引き寄せられ、入り込んだら最後、つかのまの心地よさに浸っているうちに目標を見失ってしまう。

だからこそ、私たちは罠に対して、もっと神経をとがらせる必要があるのです。思いどおりの状態(自分が望む状態)になるために、現在の状況を認識する。それが罠から遠ざかるための第一歩といえるのです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ