家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、毎月支給される夫の給与の幅が大きく、うまく管理できないという共働きの主婦35歳。収入が多い時に贅沢をしてしまうため、少ない時に生活レベルを下げることができず、貯蓄を取り崩してしまうといいます。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

共働き夫婦です。私の給与は大体手取りで月15万円。一方、主人は営業職のため、給与に変動があり、少ない時は手取り月18万円、多いときは月130万円を超えます。毎月激しく変動するため、家計を管理できず、貯蓄がまったくできません。夫の給与が多い月が続くと、旅行に行ったり、子供の教育費やらなんやらにいろいろ使ってしまいます。給与が少ない月になっても、生活レベルを下げることができず、いつものペースでお金を使ってしまいます。お互い家計簿をつけたりしておらず、ポイントやマイルを貯めるのが趣味のため、常にクレジットカードで決済して、後から明細を確認しています。給与が少ない時は、株を解約したり貯蓄を取り崩したりして、自転車操業になってしまうのが現状です。変動が激しいため、どう管理したらいいのかわかりません。住宅ローンとマンションの管理費、駐車場代だけでも20万円かかるので、 給与が少ない時の収入では生活できなくなってしまいます。


〈相談者プロフィール〉
・女性、35歳、既婚(夫:会社員)、子供2人
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・手取りの世帯月収:33万~120万円
・毎月の支出目安:50万~60万円
・貯金:30万円
・負債(住宅ローン):4000万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ