読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は27歳の未婚女性。我慢ができずについ散財してしまい、貯金ができなかったことをいつも後悔しているといいます。どの支出を優先して家計管理すべきなのでしょうか。FPの飯田道子氏がお答えします。

つい、我慢するのを忘れてしまいます。優先順位はそんなに高くないはずなのに、まわりから勧められたり、ずっと気になっていたことなどに、いつの間にかお金を費やしてしまい、気づいたら節約とは無縁の生活です。食費、化粧品、趣味、便利グッズ、仕事関係などにお金を使ってしまいます。「今やらなきゃ後悔する」「将来への投資だ」などと思うと我慢できません。貯金ができなかったことをいつも後悔します。それなのに、また新しいことにお金を使ってしまっています。お金が貯まる人は、どう優先順位をつけて、何を我慢しているのでしょうか。自分は何を我慢すべきなのかがわかりません。


〈相談者プロフィール〉
・女性、27歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:18.5万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:40万円
・毎月の世帯の支出目安:16万円
・毎月の貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:10万円
・現在の負債総額:15万円


【支出の内訳】
・住居費:4.5万円
・食費:4万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1万円
・その他:5.3万円


飯田: 我慢しなくてはならないと分かっていても、つい使ってしまう相談者様。お金を貯めることができずに、後悔することも多いようですね。実はそのような悩みを抱えている人は大変多く、これを読みながら「他人ごとではない」と感じている人は少なくないことでしょう。

将来を見据えた投資は大切だけど…

「今やらなきゃ」「将来の投資」という思いから、ついお金を使ってしまう。これ自体は何も悪いことではありませんし、自己投資はとても重要なことです。まずは、将来をポジティブに捉えて投資できている自分を褒めてあげましょう。

とはいえ、問題となるのはお金の使い方なのです。相談者様からのお話からすると、明確な目標というよりも「将来に必要になるかも?」という思いから、お金を使っているのではないでしょうか。

将来を踏まえて自分に投資をすることは必要なのですが、まずは明確な目標を立てることが重要です。その目標のために必要な投資は何かを考えて、目標にあったお金の使い方を考えていきましょう。

また、まわりから誘われてお金を使ってしまうこともあるようですね。人付き合いは今後の人脈や財産になる可能性を秘めているのですが、誘われるがままというのはNGです。あらかじめ交際費として予算を計上し、その中でやりくりする癖をつけていきましょう。