おしゃれカフェでタダごはん

サニーサイドアップ(2180)

広報・販促の代理業を主体とし、スポーツ選手や文化人などのマネジメント業務やマーケティング事業も行っている企業です。

株主優待 最低投資金額 権利確定
自社が展開するオールデイカジュアルダイニング「bills」でリコッタパンケーキなどの指定メニューから2品とソフトドリンク2杯を無償提供 19万9,000円(2019/5/14時点) 6月末

リコッタパンケーキで有名な「bills」国内8店舗とハワイ1店舗、韓国3店舗で、指定のメニューから2品とソフトドリンク2杯がまるまる無料で楽しむことができます。

これはとってもお得感がありますね。店舗を訪れたことがある人もない人も、優待を使ってお友達やご家族を誘ってみてはいかがでしょうか。

優待を使っていつもよりリッチなステーキを

ペッパーフードサービス(3053)

いきなり!ステーキ
「いきなり!ステーキ」などのステーキ店の展開が主力の企業で、全体の約4分の3の売上高をいきなり!ステーキ事業が担っています。そのほか、「ペッパーランチ」や「炭焼ステーキくに」を手掛けています。

株主優待 最低投資金額 権利確定
自社店舗で利用可能な食事券1,000円相当(500円相当×2枚) 18万5,500円(2019/5/14時点) 6月末

こちらはお肉好きには人気が高そうな優待ですね。権利確定が12月にもあり、昨年の12月度から100株保有の人でも優待がもらえるようになりました(以前は300株以上保有が条件)。最低投資金額が下がったことで手が届きやすくなった点はとても魅力的ですね。


株主優待は、銘柄名だけ見るとどんな会社か知らない場合でも、優待内容を見ると知っているブランド、ということがあります。

投資初心者の人は、優待内容までしっかり見てみるのがよいでしょう。欲しかった商品や行ってみたかったお店が優待でもらえる、もしくは利用できることがわかれば、それが投資を始めるひとつのきっかけに繋がります。

6月はほかにもたくさんの優待銘柄がありますので、チェックしてみてくださいね。

※上記は権利確定が6月の優待銘柄の中のうち、2018年5月29日から6月の権利付最終日にかけて、松井証券店内での現物買越人数が多い上位30銘柄より、最低投資金額が30万円以下の5銘柄をピックアップ。 ※優待内容は株主優待取得に必要な最低購入株数の場合のものです。 ※株主優待の内容は変更される場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等をご確認ください。