趣味

転売目的の購入者激増でファン涙目 過熱する「スニーカー投資」の世界

平日早朝から行列を生み出す、熱狂の正体

ある日、原宿のスニーカーショップの前には平日早朝にもかかわらず長蛇の列が。彼らのお目当てはこの日発売となる「ナイキ」のスニーカー。若者だけでなく、幅広い年齢層のユーザーが希少な人気モデル目がけて集結していました。もちろん開店と同時にそのモデルは完売。後日オークションサイトを見てみると、そのアイテムが高値のプレミアム価格で出品されていて――。

今、スニーカーが世界的な大ブームです。アメリカでの市場規模は650億ドル(約7兆円)を超えるとされ、日本国内でも個々数年でスニーカー市場は5000億円を超える規模に成長しました。1990年代にもナイキの「エアジョーダン」や「エアマックス」を始めとしたスニーカーが流行しましたが、そのときと現在のブームではどこが違うのでしょうか。

現在のスニーカーブームを語る上で欠かせないのがリセール(転売)の市場です。「e-bay」などのオークションサイトのみならず、最近では「GOAT」や「Stock X」などスニーカー専門の転売プラットフォーマーも現れ活況を呈しています。インターネットを駆使した転売市場の広がりは90年代にはなかったもの。なかでも「Stock X」はスニーカー転売に株式の仕組みを取り入れたことが話題となっています。まるで株取引のようにスニーカーの売買を通して利益を得る――今やスニーカー転売はある種の「投資」ともなっているのです。

なぜ今、スニーカーがこんなにもブームなのか。そして拡大する転売市場と「スニーカー投資」の現状は。日本を代表するスニーカーヘッズ(熱狂的なコレクター)であり、アパレルブランド「ALWAYS OUT OF STOCK」を手がけるKING-MASAさんにお話を伺いました。


過熱するスニーカー転売市場

子どもの頃にスニーカーに魅了され、コレクターの道にのめり込んでいったKING-MASAさん。「昔は靴を本当に好きな人がショップに並んで買っていたという感じだったんですけど、最近は転売目的で雇われた人が並んでいたりする。全然違いますよね。僕もショップに並んでそこで会った仲間とスニーカーについて話すのが好きだったんですが、最近はあまり行かなくなりました」と、過熱するブームに対する違和感を口にします。

「今、実は本当のスニーカー好きの熱はちょっと落ち着いているんですよ。でも転売という部分では異常なくらい盛り上がっているなと思います。スニーカーショップではゲリラで新作が発売されることもあるんですが、昔はそういう情報は足で稼がないといけなかった。でも今はネットでどんどん情報が出ますからね」(KING-MASAさん)

SNSやwebメディアで新商品の情報が発信され、瞬く間に伝播していく。かつてはマニア同士の情報交換によって成立していた市場がテクノロジーによってオープンになり、情報がスピーディかつ爆発的に広がっていく。そうした環境も、転売による取引が活性化している背景にあるのかもしれません。

とはいえ人気のモデルには定価の10倍ものプレミアムが付くケースもあるスニーカー市場。リセールサイトを見ると、10万円、20万円という価格のスニーカーがどんどん売れていることがわかります。こうした高額なスニーカーをどんどん購入しているのはどのような人たちなのか。

luxurysneaker
20万円ほどで取引されるスニーカーも。「Stock X」のサイトより

MASAさんは「バラバラですよね。若い子もいれば年配の人もいて。若い子はお金がなくて定価じゃないと買えないけど、中にはローンを組んで買っている子もいて、すごいなと思います」と話します。長年のスニーカーマニア、ミュージシャンやモデルなどのスターが着用したアイテムに憧れる若い世代、さらにはそこに投機的価値を見出す人々など、多種多様な人々が集まっているのが、現在のスニーカー市場の特徴といえそうです。

転売価格が上がり続けるワケ

スニーカーのリセールサービス「Stock X」のCEOジョシュ・ルーバーが米『GQ』のインタビューで語ったところによると、世界のスニーカー転売市場規模はおよそ60億ドルで、さらに成長を続けているといいます。スニーカー全体の市場の1割に迫る規模にまで成長していることになり、巨大な経済を生み出していることがわかります。

スニーカーやアパレルのリセール市場とは、ブランドの付加価値がプレミアムという「お金」に換算される場だということができます。しかしその相場はどんどん高騰し、本来の付加価値以上のお金がそこに生まれているようにも見えます。KING-MASAさんから見ても、スニーカーや洋服の現在の相場は「高い」と感じるようですが、一方で「しょうがない」とも言います。

「高いですよね。『シュプリーム』のTシャツが1枚8万円とか9万円とかになっちゃっているから。今『ルイ・ヴィトン』とかを買っていた人たちが(ストリートファッションに)下りてきていて、その人たちたちはヴィトンと同じ感覚でシュプリームにお金を出す。それはどうしようもないと思います」。ハイブランドとストリートブランドの垣根が低くなっているのは現在のファッションにおける特徴のひとつですが、それによって転売価格も高騰しているという側面もありそうです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ