キャリア

“異端”の躍進、がん治療に変革もたらすウイルス療法薬

成果上げる日本のベンチャー企業

ウイルスは病気を引き起こす厄介な存在ですが、その感染・増殖力を逆手に取り、がんを叩く薬剤が開発されています。それが、がんウイルス療法薬です。

最近まで製薬業界でも「異端」扱いされていましたが、昨今、その高い治療効果に注目が集まり、大手製薬会社によるベンチャー企業の買収や導入が目立ちます。この分野では日本のベンチャー企業も健闘しています。つい最近も、提携の発表で株式市場を賑わせました。


提携の発表で株価が急騰

バイオベンチャーのオンコリスバイオファーマは4月8日、ウイルス製剤「テロメライシン」に関する中外製薬との提携を発表しました。テロメライシンは、アデノウイルスを利用したがんウイルス療法薬です。この発表でオンコリスの株価は急騰し、4日間で倍近くの水準にまで上昇しました。 

がんウイルス療法薬は、正常細胞ではほとんど増殖せず、がん細胞で高い増殖能を示すウイルスを利用した抗がん剤です。日本人の多くが感染しているヘルペスウイルスや、風邪の原因として知られるアデノウイルスなどが使われます。

ヘルペスウイルスは免疫力が下がった時以外は症状が現れることはありません。アデノウイルスは発熱などを引き起こす程度ですが、これらを利用したウイルス療法薬は、がん細胞内で増殖し、がん細胞を破壊します。

すでに承認された新薬も

ウイルスでがんを叩くというアイデアは、けっして新しいものではありません。1900年代初めには、狂犬病ワクチンを投与したがん患者の腫瘍が縮小したり、麻疹(はしか)ウイルスに感染したがん患者の病状が良くなったりしたことなどが報告されました。

1950~1960年代には、欧米でさまざまなウイルスを用いた研究が行われました。しかし、当時はウイルスの病原性を制御する方法がなく、治療法として確立できませんでした。
 
これを打破したのが遺伝子工学技術です。特に1990年代になってからの進歩が目覚ましく、遺伝子操作により安全性が高く、がん細胞を破壊する能力の高いウイルスなどが開発されました。その結果、2015年に米アムジェンのヘルペスウイルスを利用したウイルス製剤「IMLYGIC」が先進国で初めて承認されるなど、開発が飛躍的に進展しています。

臨床試験の数は増加傾向にあり、2010年末には世界で30件程度でしたが、2019年7月24日現在で90件を超えています。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ