趣味

遅すぎた真打登場「VWゴルフ」ディーゼル搭載車「TDI」が待ち望まれていた理由

ランニングコストで楽々

現在発売されている7代目の「VWゴルフ」が本国デビューしたのは2012年。すでに7年あまりが経過しています。そのゴルフに先日、ようやくディーゼルエンジン搭載の「TDI」が追加されました。だからこそCMでは「カモがネギを背負うようにGolfがディーゼルをのせてやってきた」などと“お待たせしました感”満載です。

ところが現行型ゴルフは、すでにモデル末期と言われていますから“遅すぎるよ”とお叱りがあっても仕方がないのですが、それでも多くの人が「待っていた」と言うのはなぜでしょう? 

今回はゴルフのワゴンモデルの「ヴァリアントTDI」をチェックしてみましょう。


21年ぶりにディーゼル・ゴルフが日本で復活

VW「ゴルフ」と言えば、世界の車種別歴代総生産台数においてトヨタ・カローラに次ぐ第2位を誇る超売れっ子です。現在のモデルは7代目ですが、2013年に日本で発売が始まった時点でもその評価は高く、輸入車初の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY 2013~2014)を受賞したことでも話題になりました。ただしそれはあくまでもガソリンエンジン車への評価でした。

現地モデルには存在したディーゼルエンジン搭載車は、マーケティング上の理由からでしょうが、日本ではラインナップされなかったのです。当時は、日産エクストレイルが“世界初のクリーンディーゼル”と言いながら、世界一厳しいと言われた「2009年排出ガス規制」に対応するなど、わずかに認知度が上がりつつありましたが、ディーゼルに対して人々の目には、まだ厳しさがありました。

それでもいつかは、と期待したのですがメルセデス・ベンツやBMW、三菱パジェロにマツダCX-5など、クリーンディーゼル車が登場してもVWは動きませんでした。

そのうちにVWの排ガス不正問題が2015年に発覚します。このことがVWのディーゼルエンジンに与えたマイナスイメージは計り知れなかったのです。当然、それ以降、導入の動きは見られず、2年前に行われたマイナーチェンジでもラインアップされませんでした。

図2

それがいま、ようやくVWのディーゼルエンジン「TDI(Turbo Direct Injection:直噴ターボ)」モデルが、入ってきたのです。4世代目のゴルフ以降、21年間途絶えていたゴルフディーゼルの復活です。多くの人たちは皮肉を込め「すでに8代目が見えている今、遅すぎた真打ち」などと言いながらも、この良く出来たクリーンディーゼルのTDIを歓迎している様子です。

図3
リアの2.0TDIのエンブレム以外はガソリンモデルと外観上は大きく変わりがありません

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ