生活

生命保険料控除でいくら戻ってくる?損をしない保険額の決め方とは

年末調整時期に再確認を

個人年金保険よりもっと「お得な商品」がある

ということは、「個人年金保険に月額1万円で契約するのが正解かだな!」と思うと、それも違います。じつは、もっと利回りのよい商品があるのです。

それは、iDeCo(個人型確定拠出年金)です。これは保険商品ではありませんが、iDeCoの税金の優遇がはるかにいいのです。
iDeCoは、掛金控除なので払い込んだお金が全額控除になります。

月額1万円で年間12万円ならば、12万円が控除になります。所得税10%ならば、1万2000円の税金が戻ってきます。住民税も10%なので1万2000円、合計2万4000円の税金が戻ります。利回りでいうと20%です。こんなに税金が優遇されているものはありません。掛金の上限はありますが、掛金が大きいほど控除額も大きくなります。

次に検討するのは「つみたてNISA」です。iDeCoは60歳までは、お金を下ろすことはできません。個人年金保険は、途中解約をすると元本割れしてしまいます。その点、NISAは途中で引き出すことができるので、急にお金が必要になった時もは使い勝手がいいと言えます。

NISAは所得税の控除はありませんが、譲渡益や配当益が非課税になります。とくに「つみたてNISA」は、信託報酬などの手数料が安い商品が揃っているので、安心できます。

こう考えると、有利に貯めることができるのは、最初の選択肢は「iDeCo」で、次に「つみたてNISA」、三番手に「個人年金保険」がきます。

もし、予定利率の良かった20年以上前に入っていた個人年金保険ならば、お宝保険ですが、今の時代はそうではありません。「保険ならば安心」という考えは間違いです。保険以外の選択肢も持つようにしましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ