結婚

せっかく一緒になれたのに…35歳女性「略奪婚」後に残ったお金問題

お金と男と女の人生ルポ vol.6

不倫の恋をした結果、彼が離婚。やっと結婚できたのに彼は養育費で四苦八苦、あげく休日も「子どもに会う」と出かけてしまう。大好きな人と愛し合って暮らしていけると思った「略奪婚」が意外なことに……というケースは少なくありません。


9年は長かった

ユリカさん(35歳)が、職場の上司だった10歳年上の彼とつきあい始めたのは25歳のとき。当時、彼には4歳の子がいたが、「夫婦仲は冷え切っている。子どもが小学校に入ったら離婚する。僕にはきみが必要なんだ」と熱心に口説かれ、心が揺らいだといいます。

「不倫なんてイヤでしたけど、私も彼のことが好きだったから、つい……。2年ほどたったところで社内で噂になりかけたので、私は転職しました。ちょうど学生時代の先輩から『うちに中途入社しない?』と誘われていて、とてもやりたい仕事だったので」

それを機に実家を出てひとり暮らしを始めました。彼は週に2回はやってきました。外でデートしてから彼女の部屋に来ることもあったし、直接やってきて一緒に料理を作ることもあったそうです。

「彼の家、会社から2時間近くかかるんです。だからうちに泊まっていくこともありました。奥さんにはカプセルホテルに泊まると言っていたようです」

子どもが小学校に入っても、彼からはなかなか離婚の話が出てきませんでした。自分から急かすのはやめようと思っていましたが、とうとう彼女は口にしました。

「結婚の話はどうなったの?」

彼は顔をしかめました。

「オレは話してるんだよ、だけど妻がうんと言わない。条件闘争になるかもしれない」

彼女は、彼は妻には話していないのだと理解したといいます。30歳になったとき、ユリカさんは彼に告げました。

「あと3年だけ待つ」

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ