生活

リフォーム業者選びで陥りがちな5つの大きな誤解(前編)

数百万円の費用を有効に使うには?

数百万円というお金をかけて行うリフォームは、どこの業者に依頼するか頭を悩ませるもの。今回のテーマは「リフォーム会社選びの大きな誤解」です。

リフォーム情報サイト「SUUMOリフォーム」の編集長を務めている筆者が今まで相談を受けた中で、「大きな誤解をしている」と感じたことが多々あります。前編では誤解しがちな部分とその答えを、後編ではリフォーム会社選びの際によくありがちな失敗とその回避法について、解説したいと思います。


万人に合うリフォーム会社はない

立場上、「リフォームをしたいのですが、どこに頼むのがいいですか。一番良い会社を紹介してください」とよく聞かれます。いつもお答えしているのは「どんな人にもおすすめできる“良い会社”というのはありません。なぜなら、リフォームは一邸一邸オーダーメイドなので、人それぞれの“価値観”が大事だから」ということです。

ご相談に乗る際、「エリア」「リフォームの部位(内容)」「好きなデザインテイスト」を教えてもらえれば、いくつか候補をお伝えすることができますが、その人の価値観によって“良い会社”は違います。

そのため、「あなたのしたいリフォーム・好みに合った会社を探すこと」が良いリフォーム会社を決めるうえで重要なポイントです、とお伝えしています。

家を建てた業者に頼むのはアリ?

私が今までよく質問を受けた中で、「これは大きな誤解だな」と思う質問とその回答を5つご紹介します。

【CASE1】

質問:築20年を超えて、家のあちこちが古くなってきたし、今回は全体的にリフォームしたい。以前トイレのリフォームを依頼した会社は悪くなかったので、今回もそこに頼むべきでしょうか。

回答:このようなリフォーム会社の決め方は×です。リフォーム会社によって、家全体の大規模リフォームが得意なのか、トイレや浴室だけなどの部分リフォームが得意なのかは異なります。以前トイレをリフォームしたからといって、家全体をお任せするのは、オススメできません。

【CASE2】

質問:子どもが生まれた時に注文住宅で建てたわが家。古くなってきたからリフォームしたい。建ててくれた会社に頼むのが一番ですよね。

回答:これはメリットとデメリットがあるので△です。メリットとしては、工法・構造の理解があることや、60年保証が付いている会社であれば、保証が継続できることです。

デメリットとしては、コストやプランなどの観点でいうと、もっと安くもっと自分の好みに合ったリフォームができる会社もあるかもしれないので、冷静に見極めたほうが良いでしょう。

【CASE3】

質問:〇〇ホームのマンションに住んでいるから、リフォームも同じグループ会社の〇〇リフォームに頼むべきですか。

回答:これは、×です。特にマンションリフォームの場合は、構造に手を入れないため、一戸建てに比べてリフォーム会社選びの自由度が高いのです。必ずしも系列会社に頼まなければいけない、ということはありません。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ