結婚

だんだん本性が現れて…別れ際に請求書、本当にいる“セコい男”

お金と男と女の人生ルポ vol.9

恋は合意で始まるものの、最後は一方がダメだと思ったらもう終わりなのです。別れに合意は必要ありません。ただ、一方的に言われたほうはそれでは納得できないのでしょう。だから納得できる形をほしがります。とはいえ、別れ際に請求書を突きつけてくる男って、人としてどうなのでしょう。


愛されていると思っていた

ミナミさん(32歳)は、28歳から2年間、3歳年上の男性とつきあっていました。

「彼とはスポーツクラブで知り合ったんです。筋トレをしているうちに顔見知りになって。彼に誘われて、もともと興味があったスカッシュなども始めました。それから食事に行ったり飲みに行ったりと関係が始まりました」

彼は誰もが知っている有名企業に勤めていたそうです。実家が不動産関係の会社を経営しているため、彼自身もすでに自分のマンションを所有していました。

デートのお金は彼が多めに

「彼はけっこうお金に余裕があるように見えました。私も仕事をしているので食事代は割り勘にしたいと言ったのですが、彼はいつも『いいよ。僕が金欠のときはお願い』と払ってくれていた。それでも一緒に映画を観るときなどは、私がチケットを買うようにしたりしていましたが、彼のほうが負担が大きかったと思います」

気にはなっていたものの、「男だから払うということではないんだ。僕はきみが大好きだから払いたいだけ」と言ってくれる彼の言葉に甘えていたそうです。

つきあって1年たったときには、彼女がほしがっていたブランドバッグもプレゼントされました。

「そのときプロポーズもされました。もちろん、イエスと即答。それからは婚約者になったんですが、そのころから微妙に彼の態度が変わっていったんですよね」

外でのデートが減り、彼のマンションで会うことが多くなりました。最初は「きみの手料理が食べたい」と言っていた彼ですが、実際作ると控えめながら味に文句を言うようになります。それでも結婚するのだから、彼の好きな味を覚えなければと彼女はがんばっていました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ