はじめに

4
茹で鶏もも肉は前日の夜に煮て朝まで放置してから冷蔵庫に入れると、皮の下のゼラチンがぷるぷるに固まり煮凝りのようになってとても美味しいです。食べる30分ほど前に冷蔵庫から取り出して室温に置いておきましょう。残りの鶏スープは塩と胡椒で味付けしてネギを散らせば、美味しいスープとしてカオマンガイと一緒に召し上がってください。

ちなみにこの茹で鶏で口水鶏(よだれ鶏)や棒棒鶏も作れるので、多めに茹でておいて料理を展開させるのも良いですね。

さて、こうやって作ってみると、今まで食べているだけじゃあわからなかった料理の裏側みたいなものも見えてきます。今度から外食するときには、どういうところに工夫しているのがプロの料理なのか、丁寧な仕事をしている料理なのかがわかりやすくなるかもしれません。でも、そんな評論をするよりも、料理は美味しいを大事に食べちゃうのが一番ですよ。