ねずみ講やネットワークビジネスは度々トラブルを起こしています。

「後から儲かる」「頑張れば夢が実現する」などと言葉巧みに高額な商材を購入させ、そのままトンズラして損失を追わせるという手口です。

昨今このような被害が大学生を中心に広がっているといいます。

良くも悪くも大きな夢を持ち、純粋な大学生は壮大な儲け話に乗ってしまい、痛い目を見ているようです。


先物取引を持ちかけられたBさん

大学生のBさんも、そんな儲け話に乗せられてしまった1人。サークルで知り合った友人のAに飲み家に誘われ、その席で「先物取引で儲けないか?」と持ちかけられます。

さらに取引で儲け豪華な生活をしていると豪語する20代半ばと思われるCも登場。

「夢を実現するためには大きなことをするしかない」「良い生活をしたいなら守りはダメ。攻めないと」「他の人を紹介すれば1人5万入る」と説かれました。

今考えれば「洗脳トーク」だったのですが、Bさんは信じてしまい消費者金融から借金をして50万円でUSBメモリを購入してしまいました。

借金だけが残る

Bさんはなんとか儲けようと「他にも商材を購入する、セミナーに参加する」などしましたが、いつまで経っても儲けは出ず。1ヶ月経過するとセミナーなどの誘いもなくなり、放置されるようになります。

「このままでは大損じゃないか」と、BさんがAに電話を入れると、繋がらなくなっていました。さらに大学も辞めているようで、行方不明に。

ここでBさんはようやく自分が騙されていたことを悟ります。

また、Cの連絡先にかけてみましたが、「儲からないのはお前の努力が足りないからだ。俺は儲かっている」といわれてしまい、借金だけが残ってしまいました。

すでにクーリングオフ期間も終了してしまっており、途方に暮れるAさん。

このまま泣き寝入りせねばならないのでしょうか?銀座さいとう法律経済事務所齋藤健博弁護士に聞いてみました。