結婚

夫の不倫で身も心もボロボロ…それでも子どもと生きる決意をした40代女性

お金と男と女の人生ルポ vol.11

夫の不倫が発覚して、一度はやり直そうと誓い合ったのに、夫はその後、彼女のことをあきらめきれないから離婚してほしいと言ってきました。シュウコさんは死を決意して、両親と娘に遺書を書くほど追い詰められていました。

前半:夫の不倫が発覚して…離婚調停で婚姻費用を求めても折り合わず事態は悪化


両親と娘に監視されて

死のうと家を出てさまよっていると、心配した両親と娘が警察に連絡、シュウコさん(44歳)は見つかってしまいます。

「それからは両親と娘が交代で私を見張っていました。仕事ももちろん休職するしかありませんでした。私は死ぬことすらできない。それが情けなかった」

そんなある日、彼女は体調の変化を覚えて病院に行きました。なんと妊娠していたのです。やり直そうと誓ったあの日、たった1回、夫と愛し合ったときの子です。

「この年齢で、しかもたった1回で妊娠するなんて……。客観的に見れば最悪のタイミングかもしれませんが、私はこれには何か意味があるのではないかと思ったんです。まったく悩みも迷いもせず、産むことを決めました」

それからすぐ、夫が離婚調停を申し立ててきました。彼女は夫が不倫をしていた証拠をにぎっています。でも夫は不貞行為を認めず、お腹の子も自分の子ではないと主張しているそうです。彼女も不貞行為は認めていないとか。

「夫が不倫を告白したとき、私とっさにスマホで録音したんです。証拠はあります」

シュウコさんは、夫の彼女に町で襲撃されたこともあるそうです。うしろからついてきた彼女に殴りかかられたのでした。シュウコさんはガードレールに叩きつけられ、救急車で搬送されました。彼女はそのまま逃げてしまったそうです。

「だから彼女に対しては不貞行為で慰謝料を請求、暴行で告訴することも考えています。私は死のうと思ったけど、子どもができたからにはどこまでも強く生きていかなければならない」

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ