生活

芸人の「闇営業問題」にみる、“騙されやすい人”“騙されにくい人”の境界線

犯行グループは「面倒くさい人」を避ける

お金を払ったのに、商品が届かない! 投資勧誘に騙された! この時、どのような行動をとるでしょうか? 詐欺であれば、警察へ。相手が悪質業者であれば、消費者センターに相談する。「騙された自分が悪い」と諦める。被害に遭った時の行動は三者三様です。

実は、あの闇営業の問題は、私たちの消費者行動に、大事なことを教えてくれています。


なぜ「彼」が選ばれたか?

今年6月、2014年末に行われた詐欺グループの忘年会に、芸人だった入江氏の紹介で、雨上がり決死隊の宮迫博之氏、ロンドンブーツ1号2号の田村亮氏らが出席していたとの報道が流れました。これは事務所を通さない闇営業の仕事で、当初、宮迫氏らは「ギャラは、受け取っていない」と嘘を話して、問題はますます大きくなりました。この詐欺グループは忘年会の翌年、2015年6月に掛け子役など40人が逮捕されたことからわかるように、大規模な組織でした。彼らが行っていたのは、高齢者宅に電話をかけ、嘘の社債を購入させて、金を騙し取る手口でした。
 
組織的な詐欺では、事前にアポイント電話(アポ電)をかけ、その人が騙されるかどうかを判断してから、騙しを実行します。今回の闇営業問題にもそれが見てとれます。おそらく、イベントを仲介した入江氏は、芸人の参加者リストを事前に詐欺グループのリーダーなどに提示し、忘年会に呼んでいいかの判断を仰いだと思います。そこで、ふるいにかけられて、リストから外された人はいるでしょう。では、その基準はどこでしょうか。

詐欺師のリスクは、警察による摘発です。とすれば、真っ先にリストから外されるのは、警察に通報しそうな人です。一時期、ある新聞が名前を間違えて、忘年会の出演者に“亮”氏でなく、相方の“淳”氏の名前を出しました。偶然、私は局のロビーで淳さんにお会いした時、「淳さんの名前が新聞に出て、それはないだろうと思いましたよ」と話しました。

人の良さそうな人はつけこまれる

なぜ「私は、淳さんはない」と思ったのか。それは、彼とは詐欺の特番でご一緒しており、いかに手口が悪辣で、被害者が苦しんでいるのかを、良くわかっている人だからです。詐欺事情に精通している人は、警戒のアンテナをはっています。ゆえに、詐欺師からみれば、犯罪に気づかれる恐れがあるために、こうした場には呼ばないものだからです。詐欺師は、逮捕といったリスクヘッジに余念がありません。

それに、モノをはっきり言う芸人も避けられます。何かおかしいと思えば、突っ込んで聞くような人には、真相を暴かれる恐れがあります。逆にいえば、「怪しいと思っても、詮索せず、突っ込んで聞かない人」「その場の空気に逆らった発言をしない人」は、詐欺師のターゲットになります。

今回、参加した芸人らを見ると、周りの気持ちを忖度するような、人の良さがにじみ出ている人たちが多いように思います。彼らは一様に「知らなかった」と、弁明しましたが、それは当然です。詐欺へのアンテナを立てず、怪しさに気づけないような人たちが狙われたからです。つまり、詐欺の手口を知り、警戒のアンテナをはりめぐらせる。疑問を持ったら、しっかり尋ねることで、私たちも詐欺犯から狙われない存在になることができます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ