はじめに

子どもがいる場合には、死亡保障

子どもがいて、共働きの家庭では、はやり死亡保険は必要になります。

共働きなので、どちらかが亡くなっても、完全に収入がなくなることは少ないですが、1人分の収入になってしまっては、やはり困ります。死亡保険金は多くなくても大丈夫です。死亡保険金の額が低いと保険料の負担も少なくなるでしょう。その分、備えておきたいですね。専業主婦の場合でも、家事をしている労働力は大きいものがあり、家計にも影響します。少額でいいので死亡保険入っておきましょう。

これだけの保険に入ったとしても月額1万円以下の保険料になると思います。年齢によってはもっと少なくても大丈夫です。女性の場合、いろんなことを心配し過ぎて、いろんな保険の契約をしてしまう傾向があるようです。経済的損失の大きいものだけに絞って、保険に加入しましょう。

くれぐれも保険に入りすぎて、家計を圧迫しないようにしてください。

この記事は参考になりましたか?