読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、「貯めるよりも増やした方がいい」というアラサー独身女性。手取りの3割を投資に回し、家計は毎月赤字です。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

社会人8年目の独身女性です。お金は貯めるよりも増やしたほうがよいと考えています。今も、貯金よりも会社の持ち株と株式投資にお金を回しています。

投資は分散投資がよいと思いながらも、持ち株だと投資額に10%上乗せをして買ってもらえるので、これでいいかと思っています。また、株式投資では、30万円ほどマイナスになっていますが、損切りできないで保有したままです。

今、働きながら大学院に通い、キャリアアップを図っています。終了まで、あと130万円ほどかかる見込みです。それとともに、結婚も考え始めました。私の年収は約550万円、彼は400万円ほどのようですが、今後に向けお金に対する考え方や家計状況など見直していく必要はあるでしょうか。お稽古は絶対やめられないので支出を減らす対象にはできず、通うための交通費も減らせません。

将来的な希望としては、結婚式は小規模でも挙げられたらと思っています。その後は、子どもは二人欲しいと考えており、いろいろなことを体験させたり、塾も習い事もさせてあげたいと思っています。旅行にも連れていきたいです。マイホームは特に欲しいとは思っていません。

〈相談者プロフィール〉
・女性、29歳、未婚
・職業:会社員
・毎月の手取り金額:19.2万円
(税・社保のほか社宅家賃1.8万円天引き後)
・年間の手取りボーナス額:95万円

【現在の資産状況】
・貯蓄:210万円
・株式投資:100万円
・持ち株:320万円

【支出の内訳(23.3万円)】
・住居費:0(社宅のため給与天引き)
・食費:4.8万円(外食費込み)
・水道光熱費:0.7万円
・生命保険料:0.1万円
・交通費:2.5万円
・通信費:0.4万円
・交際費:2万円
・被服費:1万円
・美容費:1.8万円
・趣味・習い事費:1.2万円
・その他:2.8万円(奨学金の返済、新聞ほか)
・投資:6万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ