生活

やってはいけない闇バイト、海外電話の「かけ子募集」に電話をかけてみると

摘発された、海外からのサギ電話グループ

タイやフィリピンから詐欺の電話をかけていた大規模なグループが11月13日、摘発されました。

どのようにして詐欺組織に引き込まれるのでしょうか。知人からの紹介もありますが、お金に困った人たちが、SNSや掲示板などの闇バイトを見て加担するケースも多くみられます。実際に電話をかけて、その実態に迫ります。


詐欺だと自ら認める

詐欺の被害は、なかなか減りませんが、これは、詐欺行為に加担する人が後を絶たないことが大きいでしょう。今、SNSの書き込みやネットの闇サイトの掲示板には、様々な高額収入を謳う怪しげな募集が載っています。いわゆる闇バイトといわれるものです。

あるテレビ番組にて、私も同席・監修しながら、芸人さんに電話をかけてもらいました。

掲示板にはいろんなものがあります。「全額日払い、高収入。すぐに仕事に入れます」「月50~100万円。やる気のある方、ご連絡ください」「ほぼノーリスクの仕事です」一見しただけでは、どんな仕事なのか、よくわかりません。

その中でも、とくに目を引いたのが、「海外での仕事になります。月に最低保証付きで最大300(万円)は稼いでいます。費用は掛かりません。日払い30万以上! 月収300万円以上可能! お金困っている方は気軽に問い合わせてください」とあります。メールで連絡をとると、非通知で電話がかかってきました。

相手は中年男性の声でした。「どんな仕事なのですか?」と尋ねると、最初は「電話での勧誘です」とのみ答えます。さらに「何の勧誘ですか?」と突っ込むと、男は「それは、クレジットやキャッシュカードになりますね」と言いいます。クレジットカードの勧誘電話をかける仕事なのでしょうか?

それにしても、高額な報酬過ぎます。その辺りを探ってもらおうと、芸人さんにメモ紙で指示を出そうとすると、相手の男はそれを察したように「はっきりいって、これは詐欺です。詐欺」と開き直ったように言い出しました。「年配の人から、キャッシュカードを騙しとって、それを引き出す仕事ですよ!」さらに「まず大手デパートのTやMの人間として、電話をしてもらう仕事です」とも言います。

デパート店員になりすまして電話

これは、このところ被害の多い手口で、デパート店員になりすました人物が「あなたの名義のカードで、ブランド品を購入しようとした人がいました」と、ウソの電話をかけます。本人は「身に覚えがありません」と答えます。すると「あなたの個人情報が悪用されて、勝手にクレジットカードを作られたようです。カードは使用停止にします」と言われます。安心したところに、詐欺師は畳みかけます。

「銀行のキャッシュカードも不正に作られて、お金が引き出されている可能性があります。確認しておいた方がよいですよ」と相手から言われ、不安になった人が、教えられた全国銀行協会の電話番号に電話をします。銀行協会は実在しますが、電話番号は詐欺師たちに通じる嘘の番号です。そこで、「残高照会のため」「本人確認のため」などという口実で、暗証番号を聞き出されます。詐欺師は「お金は引き出されていませんが、念のため、キャッシュカードを作り直しましょう」と言ってきます。これに同意をしてしまうと「古いカードと交換するために」という口実で、偽の銀行関係者が家を訪ね来て、カードを騙しとられてしまいます。

どうやら、今回は、この詐欺電話をかける仕事のようです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ