生活

引っ越し時の不要品売却、「ラクマ」の代行出品でどこまでラクになる?

写真撮影から発送作業まで代行

引っ越しをする時に、どうしても出てくる不要品。それを専用のダンボールに詰めて送るだけで、楽天のフリマアプリ「ラクマ」に代行出品してもらえるサービスが始まりました。

その名は「フリマ引越」。サービスを始めた狙いは、どこにあるのでしょうか。11月25日に開かれた発表会の内容から探ります。


料金はどのくらいかかる?

フリマ引越は、GLIDE(東京都新宿区)の引っ越しシェアリングサービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」、トランク(東京都渋谷区)の宅配収納サービス「カラエト」と、楽天の「ラクマ」が連携したサービス。3社のサービスを組み合わせることで、引っ越しの見積もりから不要品の「ラクマ」への代行出品まで、ワンストップでできるのが特徴です。

ユーザーはHi!MOVEのウェブサイトで引っ越しを申し込む際に、フリマ引越を同時に申し込むことができます。専用のダンボールがカラエトから届いたら、出品したい不要品を入れて返送。カラエトの持つラクマのアカウントで代理出品してもらえます。

○○○

出品時に必要となる商品の写真撮影や商品名・説明の入力などは、カラエトが担当。購入者とのメッセージのやり取りや、発送作業もすべて代行してくれるので、多忙になりがちな引っ越しのタイミングでも、手間をあまりかけずに不要品を整理できる、というわけです。

料金は、代行送料(一律880円、税込み、以下同)と、ラクマでの売上金から代行送料を除いた金額の3割。ラクマに出品された月から翌月末までの期間(最大2ヵ月)は、取り引きが発生しない場合は費用がかかりません。

しかし、売れ残ったアイテムは出品が終了して、自動的にカラエトに移行されます。移行後1ヵ月は無料期間ですが、それを超えると利用料として月額550円が発生。自宅へ返送を求める場合は、送料880円が発生する仕組みです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ