読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、これ以上資産を減らしたくないという40歳の独身女性。資産の多くを値動きの大きい投資商品で保有しているため、老後に向けてリスクとリターンのバランスが取れた運用方法が知りたいといいます。FPの横田健一氏がお答えします。

若いうちはハイリスク・ハイリターンな投資を楽しんできましたが、40歳を迎えてこれ以上資産を減らしたくないと焦り出しました。老後に向けてリスクとリターンのバランスが取れた資産運用を知りたいです。

就職してから数年間は、地道な円建積立てで年間100万円ペースで貯蓄が増えていましたが、1000万円を超えたあたりから外貨預金、株式、プラチナ積立、FXと手を出し、堅実な貯金ができていません。資産のほとんどが評価額の動く投資商品というのも将来を考える上で不安です。とはいえ手持ちの株やプラチナ、外貨ともに含み損を抱えているため、いわゆる塩漬け状態で身動きが取れず……。

現在の毎月の貯蓄は、外貨建て個人年金(3種類)に8万円と会社の確定拠出年金に0.5万円のみです。家計を見直せば、あと1~2万円は貯蓄にまわせそうですが、つみたてNISAなどの投資にすべきか、いざという時にすぐ使える現金資産を増やすべきか、アドバイスをお願いいたします。

〈相談者プロフィール〉
・女性、40歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:24万円
・年間の手取りボーナス額:140万円
・毎月の世帯の支出目安:16万円

【支出の内訳】
・実家に入れているお金:3.5万円
・食費:2万円
・教育費:なし
・保険料:1万円
・通信費:1万円
・車両費:0.5万円
・お小遣い:3万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8.5万円(うち0.5万円は給与天引き)
・現在の貯蓄総額:220万円
・現在の投資総額:950万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ