キャリア

ムーミンバレーパーク、“初冬の豪華企画”に気合いが入りまくるワケ

目玉は圧巻のプロジェクションマッピング

今年3月、埼玉県飯能市にオープンした「ムーミンバレーパーク」。フィンランド生まれの人気キャラクター、ムーミンの物語を主題にしたこのテーマパークが、開業以来初めてとなる冬を迎えます。

これに合わせて、11月30日から、光や音、映像とともに物語を体験できるイルミネーション「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK EMPOWERED BY CALAR.ink」が始まります。

いったいどんな内容になっているのでしょうか。そして、新たな取り組みを始めたパーク側には、どんな狙いがあるのでしょうか。11月29日に開かれたプレスプレビューの中身を掘り下げてみます。


ムーミンが屋敷を舞台に動き回る

11月30日から来年3月8日までの期間限定で開催される「WINTER WONDERLAND」は、小説「ムーミン谷の冬」をモチーフに、昼と夜でこれまでのムーミンバレーパークにはなかった新たな演出を加えています。

その目玉は、メインエリアである「ムーミン谷エリア」を中心に夜に実施されるナイトイルミネーションです。

ムーミン屋敷では、約7分間のプロジェクションマッピングが映し出されます。冬眠中に目覚めてしまったムーミントロールが、屋敷を舞台に小さな冒険を繰り広げるというストーリーです。

ショーの終盤には、色鮮やかなオーロラが出現。埼玉に居ながらにして、本場・フィンランドさながらの冬の夜の絶景を味わえる内容になっています。

「おさびし山」も夜間解禁に

ムーミン屋敷のすぐそばには、高さ約4メートルの「ムーミン谷のウィンターツリー」が登場。ムーミン谷の仲間たちがクリスマスツリーを真似て作ったという不思議なツリーに近づくと、一般的なクリスマスツリーとはかなり異なる印象です。トランペットやバイオリンの音色も聞こえ、光と音で楽しく不思議な気分を味わえます。

ムーミン谷のウィンターツリー
ちょっぴりシュールな雰囲気もある「ムーミン谷のウィンターツリー」

その脇を通る「みんなの足あとの道」を歩いてみると、自分のものとは違う足あとが蛍光色で浮かび上がります。また「あいまいなものの道」では、ムーミンの仲間たちと一緒に雪遊びができる仕掛けになっています。

足あとの道
不思議な足あとが浮かび上がる「みんなの足あとの道」

これまでは夜にオープンしていなかった「おさびし山エリア」も、期間中は光のアトラクションで幻想的な風景を楽しめるようになっています。冬にだけ光るといわれている花が咲き乱れる「光る花の道」を抜けて山を登ると、頂上では雪玉のランタンの灯りを通して、ムーミンの物語のワンシーンが映し出されます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ