趣味

首都高小松川JCT、開通後1日でわかったカーナビアプリの「性能差」

人気8種類をテスト

高速道路や新しい施設ができた時、カーナビはどのタイミングでアップデート(地図画面に反映)されるのでしょうか。実際に“プチ・テスト”してみました。


首都高速の新ジャンクションが完成

2019年12月1日17時に首都高速道路(以下:首都高)の小松川JCT(ジャンクション)が開通しました。これにより「C2」と呼ばれる中央環状線の埼玉方面と小松川線(7号線)が繋がり、大きく移動時間が短縮されます。

それでは最近人気のカーナビアプリはどのタイミングで反映されるのでしょうか。現在、世の中に出回っているアプリの数は有料・無料も含め数え切れない程あります。

今回は開通後、約21時間過ぎた12月2日の15時前に各ナビアプリの画面キャプチャを行いました。また実走で小松川JCTの利便性もチェックしてみました。

※実際の走行時の撮影は当然ドライバーではなく、カメラマンがシートベルトを着用した状態で行っています。12月1日から道交法が改正され、スマホなどの操作に対する罰則が非常に厳しくなっています。

各アプリ、実際どうなっている

それでは各アプリの画面を実際キャプチャしてみた結果を表示します。キャプチャは基本縦画面で行っています。

●Googleマップ(無料)
誰もが使っている地図アプリの代表格ですが、14:31の段階では小松川JCTは反映されていませんでした。

Googleマップは見やすいので多くの人が使っています

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ