はじめに

見知らぬ着信にかけてしまうとどうなるのか。前回は国内につながるワン切り詐欺の手口をお伝えしましたが、最近は、海外からも魔の手が忍び寄ることもあります。いまや、誰もがスマホや携帯電話を持つ時代です。国際電話に折り返すと、どうなるのでしょうか。その注意すべき実態に迫ります。


不自然な日本語の自動音声

執拗に着信を残すワン切り電話の中には、海外からかかってくることもあります。2020年のオリンピックを前に、英会話を勉強し、外国人と友達となり積極的に交流を行う人も多いことでしょう。そうした中で、もしかすると、どこかで知り合った友人だろうかと思い、電話をかけてしまうこともあるかもしれません。皆さんは絶対に、折り返しの電話をしてはいけませんが、実際のところ、電話をするとどうなるのでしょうか?

テレビ番組にて、私も同席して、芸人さんに「+222」から始まる番号に電話をかけてもらいました。調べると、この番号は、アフリカ北西部にあるモーリタニア・イスラム共和国になっています。

プルルル……。呼び出し音が流れます。そして、電話がつながったかと思えば、男性の声が流れます。

「これは家族と友達です。家族または、友人があなたに連絡しようとしてます」

日本語の自動ガイダンスのようですが、ちょっと不自然さを感じる音声です。

「あなたの家族または友人と話すには、接続を維持してください。接続します。この通話を切断しないでください。ありがとうございました」

再び、プルルル~という呼び出し音が流れます。いったい、誰かにつながるのだろうか。緊張しながら受話器に耳を澄ませると、電話の向こうから……。

「タン、タ、タン、タン~♪」と、ゆったりとしたピアノの音が流れ始めます。
「ん?」

ついには、男性の声で「エブリー ムーブ ザット アイ メイク エブリ~ ♪」と歌いだします。何やら、コールセンターに電話をして、混みあっている時に流される音楽のようです。しばらく歌を聞いていると、再び、プルルル~という呼びだし音が流れだします。いよいよ、誰かに、つながるのでしょうか。息を飲みました。

と、再び、先ほどの歌が流れます。

「ソウ アイ キープ ホールディング オン~♪ ウェン ザ ワールド イズ フォーリング ホールディング オン~♪」
サビの部分でしょうか、男性歌手は「ホールディング オン~♪」を熱唱しています。

しばらく聞いていると、また呼び出し音がなり、三度、先ほどの音楽の続きが流れます。
「ターン アラウンド テイク イット バック トゥ イエスタディ~♪」

ついには、2番の歌詞に入ったようです。

私はここで電話を切るように、芸人さんに促しました。